2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

オラリティー(口頭性)

Orality

声の語りによる表現の性格のことで、文字による表現の性格であるリテラシーと対比される概念。「口頭性」とも訳される。オラリティーの意義を論じる際によく参照されるのは、トロント学派のマーシャル・マクルーハン(『グーテンベルクの銀河系』)とウォルター・オング(『声の文化と文字の文化』)の理論である。彼らは文字以前の文化がオラリティーによって、文字以降の文化がリテラシーによって基礎づけられていると考える。オラリティーの中心にははかなさ、つまり音を主体の外部に留めておけないという性格があり、この性格のために文字以前の文化は現前性を重視し、さらに語りを共有する必要から集団的、保守的、感情移入的だったとされる。西洋ではこうした文化は文字の登場によって次第に変化し、とくに活字の発明はリテラシーにもとづく文化を大きく発展させた。しかし、彼らは電子メディアの出現によって現代文化にはオラリティーの影響が復活していると主張する。電子メディアを通じたオラリティーをオングは「二次的オラリティー」と呼ぶ。これに対して、ジョナサン・スターンは以上のようなメディア観、歴史観の背景にはキリスト教神学があると指摘し、客観的事実に合致しないと批判している。一方で、彼は同じトロント学派でもハロルド・イニスとエドムンド・カーペンターは、文字以前のオラリティーを多感覚的なものとして理解したと評価している。

著者: 金子智太郎

参考文献

  • 『グーテンベルクの銀河系 活字人間の形成』, , マーシャル・マクルーハン(森常治訳), みすず書房, 1986
  • 『声の文化と文字の文化』, , W・J・オング(桜井直文、林正寛、糟谷啓介訳), 藤原書店, 1991
  • The Audible Past: Cultural Origins of Sound Reproduction, , Jonathan Sterne, Duke University Press, 2003
  • 『メディアの文明史:コミュニケーションの傾向性とその循環』, , ハロルド・A・イニス(久保秀幹訳), 新曜社, 1987
  • Oh, What a Blow That Phantom Gave Me!, , Edmund Carpenter, Holt

年代

ジャンル


関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ