2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

夜の会

Yoru-no-kai

1947年に出版された花田清輝の著『錯乱の論理』に国本太が共鳴し、この2人が中心となって結成された総合芸術運動体。48年、上野毛の岡本のアトリエに花田の人選による野間宏、椎名麟三、埴谷雄高、梅崎春生、佐々木基一、中野秀人、小野十三郎らが集合。アトリエにかかっていた岡本の作品《夜》(1947)にちなんで会名がつけられた。後に関根弘、安部公房が加わる。すなわち会員は岡本以外全員が主に文芸に携わる面々であった。東中野のフレンチレストラン「モナミ」(岡本の母かの子が命名、建築はフランク・ロイド・ライト設計)を会場に研究会を催し、その記録はこの会唯一の出版物『新しい芸術の探求』(月曜書房、1949)にまとめられている。結成の年にこの会から「アヴァンギャルド芸術研究会」が派生し、本郷の喜福寺にて講演、作品批評会を行なう。49年、同会は安部公房を中心に47年に発足していた東京大学の学生グループ「世紀」と合流した。美術家と文学者が交流し、双方の共同制作を実践しながら変革を模索した夜の会は、戦後最初期の代表的アヴァンギャルド集団となった。池田龍雄や、北代省三、福島秀子、山口勝弘ら後の実験工房メンバーにも刺激を与えた。

著者: 成相肇

参考文献

  • 『戦後空白期の美術』, , 瀬木慎一, 思潮社, 1996
  • 『世田谷時代1946-1954の岡本太郎』展カタログ, , 世田谷美術館, , 2007
  • 『新しい芸術の探求』, , 夜の会, 月曜書房, 1949
  • 「運動族 花田清輝:骨を斬らせて肉を斬る」展カタログ, , , 福岡市文学館, 2014

参考作品

  • 《夜》, 岡本太郎, 1947

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ