2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

倉方俊輔(くらかた・しゅんすけ)

1971年生。建築史家。著書=『吉阪隆正とル・コルビュジエ』。共著=『伊東忠太を知っていますか』『吉阪隆正の迷宮』『東京建築ガイドマップ──明治大正昭和』ほか。

栗栖智美(くりす・ともみ)

東京芸術大学美術学部芸術学科卒。2002年よりフランス在住。フランス国立東洋言語文化研究所卒。通訳、コーディネーター。

暮沢剛巳(くれさわ・たけみ)

1966年青森県生まれ。東京工科大学デザイン学部教授。美術批評・美術館研究・文化批評。著書に『「風景」という虚構―美術/建築/戦争から考える』『ル・コルビュジエ──近代建築を広報した男』『アートピック...

黒岩朋子(くろいわ・ともこ)

森美術館学芸部勤務を経て、2009年よりインド、ニューデリー在住。現地から現代美術情報を美術雑誌に紹介するほか、日本の国際展や展覧会の現地コーディネイトおよび調査に携わる。第5回福岡アジア美術トリエン...

荒神明香(こうじん・はるか)

現代美術作家。1983年広島生まれ。2009年東京芸術大学先端芸術表現科を修了。アメリカ、ブラジルなど、国内外で作品を発表。日常の風景から直感的に抽出した「異空間」を、美術館等の展示空間で現象として再...

上妻世海(こうづま・せかい)

作家・キュレーター。1989年生まれ。主な展覧会は「≋wave≋ internet image browsing」展(TAV GALLERY、2014)、「世界制作のプロトタイプ」展(HIGURE 1...

河本信治(こうもと・しんじ)

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015アーティスティックディレクター。 元・京都国立近代美術館学芸課長。 京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科修士課程意匠工芸学専攻修了。1981年より京都国...

小原真史(こはら・まさし)

1978年愛知県生まれ。映像作家。東京藝術大学・東京工芸大学非常勤講師。2005年、「中平卓馬試論」で第10回重森弘淹写真評論賞受賞。監督作品に『カメラになった男──写真家 中平卓馬』がある。著書に『...

木幡和枝(こばた・かずえ)

1946年東京生まれ。アート・プロデューサー、翻訳家 、同時通訳者 。TBSブリタニカ、工作舎にて編集に従事。70年代後半よりアムステルダムのデ・アッペル財団インターンを経て、ニューヨークのMoMA ...

小林嶺(こばやし・れい)

1991年生まれ。現代思想・メディア論。早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系在籍。

▲ページの先頭へ



レビュー/プレビュー

フォーカス

國府理「水中エンジン」再制作プロジェクト<br>──「キュラトリアルな実践としての再制作」が発する問い

NEW國府理「水中エンジン」再制作プロジェクト
──「キュラトリアルな実践としての再制作」が発する問い

著者:高嶋慈

 自作の空想の乗り物やクルマを用いた立体作品などを通して、自然とテクノロジー、生...



キュレーターズノート

西野達の“九州侵攻”

NEW西野達の“九州侵攻”

著者:坂本顕子

 「ホテル裸島 リゾート・オブ・メモリー」は、つなぎ美術館が中心となって運営する...

artscapeレビュー一覧

田淵三菜「FOREST」

NEW田淵三菜「FOREST」

2017/09/08~2017/09/26 Bギャラリー

著者:飯沢耕太郎

田淵三菜は、2016年に第2回入江泰吉記念写真賞を受賞し、写真集『into th...

生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ

NEW生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ

2017/09/16~2017/11/12 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

著者:村田真

ぼくが初めて知った日本の画家は、たぶん東郷青児だと思う。幼いころ東横線沿線に住ん...

港都KOBE芸術祭

NEW港都KOBE芸術祭

2017/09/16~2017/10/15 神戸港、神戸空港島

著者:高嶋慈

神戸港の開港150年を記念した芸術祭。神戸という「場所の記憶」への言及として、古...

カタログ&ブックス│2017年10月

NEWカタログ&ブックス│2017年10月

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。 日...

トピックス

文字の大きさ