2019年01月15日号
次回2月1日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

ハイ・レッド・センター

High Red Center
2009年01月15日掲載

高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之の3名が結成した前衛芸術のグループ名。それぞれの姓の頭文字である「高」「赤」「中」の英字読みをつなげて命名された。正式な結成は、1963年5月の「第5次ミキサー計画」においてとされるが、実質的にその活動は前年12月の「山手線事件」の頃より開始されていた。以後63~64年の短期間のうちに、「第6次ミキサー計画」「炉プロジー」「シェルタープラン」「首都圏清掃整備促進運動」などのイヴェントを次々と実現、ちょうどメンバーの一人だった赤瀬川が「千円札事件」の渦中にあったこともあり、彼らの活動は高い社会的関心を集めた。人目を引く奇異な化粧で山手線に乗ったり、白衣に身を包んでおもむろに銀座の街路を清掃したり、彼らの「反芸術」志向は極めてパフォーマティヴな形で展開されたが、その活動にはコア・メンバー3名のほかに和泉達が加わったり、不特定のメンバーが参加することもあった。多くの点で極めて60年代的な現象であり、近年では椹木野衣が『日本・現代・美術』において意欲的な再解釈を試みていたが、他の視線によっても検討される必要のある活動と言えよう。

[執筆者:暮沢剛巳]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ