毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回8月1日更新予定)

現代美術用語辞典 1.0

具体美術協会第1回東京展

The 1st Exhibition of Gutai in Tokyo
2009年01月15日掲載

具体美術協会のメンバーによって、1955年10月、東京の小原会館にて開催された展覧会。具体美術協会とは、吉原治良を指導者として、その影響下にあった金山明、村上三郎、白髪一雄らによって、54年7月、大阪に結成された実験集団であり、その活動は、ハプニングの先駆けとする見方もある。 この東京での展覧会は、同年7月に芦屋川河畔で開かれた、彼らの第1回の野外展とも言える「真夏の太陽に挑むモダンアート野外実験展」に感銘を受けた小原豊雲のすすめを受けて実現した。 ここでは、白髪一雄の泥に飛び込むアクション《泥に挑む》、村上三郎の十数枚の紙を突き破って走り抜けるアクション《紙破り》などの、初期の具体美術の前衛性の象徴とも言える2大アクションをはじめとする種々の問題作が登場し、彼らの活動にとって非常に重要な展覧会となった。

[執筆者:中島律子]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ



  • RSS配信
  • RSS配信

2014年07月15日号