2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

アートフラッシュニュース

「映像メディアのコンテクスト──MEDIASELECT2009」展

最終更新日:2009年05月22日

名古屋芸術大学アート&デザインセンターでは2009年の企画展といたしまして、「映像メディアのコンテクスト──MEDIASELECT2009」を開催いたします。近年において、映像メディア表現のあり方が文化の方向性に強く影響を与える傾向は強まりつつあります。特に中京地域においては1989年から5回にわたっておこなわれた「名古屋国際ビエンナーレ・ARTEC」や、1999年からスタートした「MEDIASELECT」など、継続的にメディアアートの展覧会がおこなわれてまいりました。今回の展覧会では、このような状況を踏まえた上で、単なるアウトプットとしての映像のみを対象とするのではなく、社会構造の中で映像が生成される背景やプロセスにもフォーカスを当て、作品展示とシンポジウムをおこないます。

また、初日の5月23日(土)午後1時半からは、同キャンパスG207教室でシンポジウム『映像メディアのコンテクストを読む──社会とメディアの境界面』、午後5時からは、オープニングパーティーをギャラリーで行ないます。

出品作家: 大崎のぶゆき、岡川卓詩、河原崎貴光、丹羽誠次郎、櫃田珠実、武藤勇、山田亘、吉岡俊直

会場
名古屋芸術大学 アート&デザインセンター
愛知県北名古屋市徳重西沼65
会期
2009年5月23日(土)~6月2日(火)
入場料
無料
休館日
日曜日
開館時間
12:00~18:00(最終日は17:00まで)
問い合わせ先
Tel. 0568-24-0325(代表)内線609
Tel. & Fax. 0568-24-2897(直通)
名古屋芸術大学 アート&デザインセンター 担当:中村亜希
主催
名古屋芸術大学


アートフラッシュニュース

文字の大きさ