毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回10月1日更新予定)

アートフラッシュニュース

「ヴァレリオ・ベッルーティ展-KIZUNA」坂本龍一氏によるオリジナル曲も初披露

最終更新日:2011年02月02日

twitterでつぶやく

ヴァレリオ・ベッルーティは、2009年にヴェネチアビエンナーレに出品した若手実力派のイタリア人アーティストです。

その作品の多くは子どもがモティーフとなっています。彼の表現する子どもたちの眼差しは優しく、もの思いにふけるような遠くを見つめる仕草は、慌ただしい現代社会で忘れかけた何かを我々に静かに訴えかけてくれるかのようです。

新作アニメーション作品は、ヴァレリオ・ベッルーティ制作の映像と、坂本龍一氏によるオリジナル曲とのコラボレーションにより完成しました。

《KIZUNA》 2010年
映像:ヴァレリオ・ベッルーティ
音楽:坂本 龍一
動画提供元:ポーラ ミュージアム アネックス

Get QuickTime※動画の再生には QuickTime が必要です。

会場
ポーラ ミュージアム アネックス
会期
2011年1月22日(土) - 2011年3月13日(日)
入場料
入場無料
休館日
会期中無休
開館時間
11:00‐20:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先
Tel.03-3563-5501
主催
株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス
ポーラ ミュージアム アネックス
「ヴァレリオ・ベッルーティ展-KIZUNA」展HP

▲ページの先頭へ

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年09月15日号