2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

アートフラッシュニュース

オープンサイト2016-2017

最終更新日:2016年11月25日

twitterでつぶやく

アートの領域横断化がますます加速し、既存のジャンルの持つ意味が改めて問い直されている現在。音楽、美術、演劇、ダンス......、様々な分野にルーツを持ちながらも、これまでにない表現を志向し、社会へと問いかけていく意欲的な企画を発表する場として、これまでTWSが行ってきた企画公募事業を再編成。観る人にも、表現する人にもオープンでクリエイティブな創造の場(=サイト)を目指し、全ての表現に門戸を開いた新しいプログラム「オープンサイト」が始まりました。
2016年10月から半年間、国内外から集まった250を超える応募から選ばれた16の公募プログラムと4つの推奨プログラムを、プロジェクトAとプロジェクトB、二つの部門で4会期にわけて実施します。

ウェブサイトより)

プロジェクトA

プロジェクトAでは、約半年間にわたり、12の様々な企画を実施します。現代音楽、演劇、ダンス、上映、ワークショップ、パフォーマンス...。デジタル技術を駆使したものからアナログな身体を使ったものまで、国内外から集まった公募プログラム8企画に加え、推奨プログラムとして、昨年度の企画公募プログラムで最優秀賞を受賞したオーストラリアのフルート・デュオ「バイナリー」によるコンサート、特別賞を受賞した「素我螺部」によるパフォーマンス、香港と日本の若手演出家を中心とした移動劇場「絶対的」による、伝統と現代の越境をテーマにした舞台、独自の作曲技法が注目を集める作曲家、宮内康乃が主宰するグループ「つむぎね」によるコンサートの4企画をラインナップしました。

プロジェクトB

プロジェクトBでは、半年間を4つの会期に分け、公募で選ばれた8企画を実施します。日本の若手アーティストがインスタレーションをとおして社会との接点を捉えなおす企画を発表する一方、海外からは第二次世界大戦などの歴史的な事変に焦点をあてた展示を行います。また、芸術や映画の置かれた現状を考察し、今後の在りかたを考える展示ベースのディスカッション・プロジェクトなど、TWSがこれまで行ってきた公募プログラムでは扱ってこなかった、新しいフォームの企画も発表されます。

*プログラムやチケットの予約方法はウェブサイトをご覧ください。

会場
トーキョーワンダーサイト本郷
(東京都文京区本郷2-4-16)
会期
2016年10月15日(土)〜2017年3月26日(日)
入場料
プロジェクトA:有料
プロジェクトB:無料
開館時間
トーキョーワンダーサイト本郷
Tel:03-5689-5331/Fax:03-5689-7501
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
ウェブサイト
http://www.tokyo-ws.org/hongo/index.html

▲ページの先頭へ

2016年 /relation/e_00037045.json l 10129703


アート フラッシュ ニュース

文字の大きさ