毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回2月1日更新予定)

アートフラッシュニュース

BONUS超連結クリエイション vol. 4

最終更新日:2016年12月14日

twitterでつぶやく

4組の作家・研究者チームによって未来のダンスは生まれるか?

今回も連結して連結して連結するシアトリカル・エンターテインメント!!

もやもや、わくわく、盛り沢山にアイディアの飛び交うダンスの祭り

今年で4回目となる超連結クリエイション。
テーマは「テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)」です。
今回の新たな取り組みにワークショップ(WS)があります。そこでの参加者との出会いが、このイベントのベースになっています。WSはアイディアの継承と創造の現場です。
イベントの中でアイディアが飛び交う現場の熱気を再現し、観客のみなさんのなかに眠っている創造性を発火させたいと思っています!!

ウェブサイトより)

主なプログラム

Part1 砂連尾理のアイディアをめぐって 「継承の媒体としての身体──不在の在をめぐって」

10月に行われたトーク&WSから出発して、砂連尾のアイディアを掘り下げて行く。掘り下げるゲスト参加者は尾花藍子(振付家・演出家)。
*砂連尾さんの出演は予定されておりません。

Part2 手塚夏子のアイディアをめぐって「ソーシャル・トレース」

「トレース」の未来はどんな形? 9-10月のWSで参加者たちは手塚の「トレース」を独自に解釈した。そのアイディアと、手塚による「トレース」の新作(新アイディア)が披露される。掘り下げるゲスト参加者は村社祐太朗(新聞家)、山本浩貴(いぬのせなか座)

Part3 山内祥太のアイディアをめぐって「秘密のダンス」

11月のWSでは、スマホアプリによるクロマキーの講習会を実施した山内。彼に誘われ渋谷の街に飛び出して、参加者はポータブルなクロマキー撮影に挑戦した。その過程をもとにした神出鬼没のプレゼンテーション。

Part4 ロイ・フラー再現プロジェクト

およそ100年前にヨーロッパに一大旋風を巻き起こしたフラーは、テクノロジー×ダンスの創始者だった。「サーペンタイン・ダンス」の再現とともに、フラーの今日的解釈にも挑戦する。

Part5 トーク

ゲスト 平倉圭(芸術研究者)、聞き手 木村覚(BONUS)


BONUSディレクター:木村覚

会場
東京工業大学西9号館ディジタル多目的ホール
(東京都目黒区大岡山2-12-1)
会期
2017年1月18日(水)
19:00開場 19:30開演 22:00終演予定
入場料
事前予約2,000円 当日2,500円
事前予約
詳細はウェブサイトをご覧ください。
ウェブサイト
http://www.bonus.dance/creation/42/

▲ページの先頭へ

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年01月15日号