2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

アートフラッシュニュース

AMIT2017

最終更新日:2017年03月02日

twitterでつぶやく

4回目を迎えるAMIT2017は、都心でありながら緑が豊かな丸の内で人と自然との循環を考えるワンデイ・フェスとして開催します。 テーマは、Naturewise。「自然に沿った」を意味する造語で、自然そのものが wise である(賢く、思慮深い)ことも含んでいます。自然とテクノロジーや都市との関係、人間の中に存在する自然をさまざまなアプローチで探っていきます。アートの手法で環境を見つめなおすことで、自然の叡智を発見していく楽しさに満ちた場になるでしょう。


ウェブサイトより)

トークセッション「自然とアート : モノへの共感、環境との協働」

アートはこれまで、自然とは区別される存在と見なされてきました。しかし科学技術の進展は、アートにおいて自然や環境のプロセスと協働していく動的な表現を生みだしつつあります。自然とアートがつながる新たな世界について、AMIT2017の参加アーティストたちが語り合います。

時間

15:00 - 16:30

パネリスト

鳴川肇(AMIT2017参加アーティスト)
ひらのりょう(AMIT2017参加アーティスト)
三原聡一郎(AMIT2017参加アーティスト)

モデレーター

四方幸子(メディアアート・キュレーター/AMIT2016ディレクター)

会場
丸ビル 1F マルキューブ
(東京都千代田区丸の内 2-4-1)
会期
2017年3月4日(土)
10:00〜21:00
入場料
無料
問い合わせ先
AMIT実行委員会事務局(東京都港区高輪4-3-4 高輪ビル102)
Mail:info@amit.jp
主催
AMIT実行委員会
ウェブサイト
http://2017.amit.jp/

▲ページの先頭へ



文字の大きさ