2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

アートフラッシュニュース

Reborn Homes Through My Voice

最終更新日:2017年03月13日

twitterでつぶやく

「家」について考えるとき、どんな声が聞こえるだろうか? ドアが閉まる音、父親のくしゃみ、朝方に聞こえる鳩のなき声──これらの日常的な音は記録されることなく、なかば無意識的に人々の記憶の内に留められている。私的で個人的な表現の場である「家」は、隠された音の領域だといえる。Reborn Homes Through My Voiceにおいて、北條知子とラヘル・クラフトは秘められた個人の記憶を誘発し、解き放つ手がかりとなる音の作品を旧平櫛田中邸で発表する。
アーティストは、上野桜木-谷中地域の住民それぞれのサウンドスケープを収集し、創造の過程でさまざまな思いつきを導きだしていく。また、場の特性である「家」と「アトリエ」の組み合わせは、継続的な実験/創造/相互作用の場として引き継がれる。本展覧会は、音を聴き、思い出し、そして共有することを通して、われわれの一番身近な記憶を可視(聴)化する試みである。

(広報資料より)

イベント

実験音楽とシアターのためのアンサンブル(EEMT)とのパフォーマンス

ジョン・ケージ以降の実験音楽の再創造をおこなうEEMTをゲストに迎え、2人のアーティストとのコラボレーションパフォーマンスをおこないます。
日時|4月2日(日)13:00会場、13:30開演
料金|2,000円 要予約*

パフォーマンス

北條知子&ラヘル・クラフトによるパフォーマンスをおこないます。
日時|4月9日(日)、21日(金)13:00-16:00の間
料金|当日展示の入場料のみ

David Toopワークショップ&パフォーマンス

イギリスの音楽家/ライターのDavid Toop氏による音を用いた集団即興のワークショップと、受講生を交えたパフォーマンスをおこないます。
日時|4月16日(日)13:00- ワークショップ 18:00- パフォーマンス
料金|8,000円(ワークショップ参加料|学生は1000円引き) 要予約・定員10名*
2,000円(パフォーマンス観覧料)要予約*

*予約方法|ご希望の日にちと名前、人数を記載の上、
hello@rebornsounds.comまでお申し込みください。
**イベント詳細はウェブサイトにてご確認ください。

特別レクチャー&パフォーマンス

David Toop氏による特別レクチャーとパフォーマンスをおこないます。
日時|4月14日(金)18:00- 東京藝術大学 大学美術館 陳列館
   (110-0007 東京都台東区上野公園12-8)
料金|無料・予約不要・日英通訳あり
助成|東京藝術大学ダイバーシティ推進室
   文部科学省 科学技術人材育成費補助事業
   「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」

(広報資料より)

会場
旧平櫛田中邸
(東京都台東区上野桜木2-20-3)
会期
2017年4月1日(土)〜4月22日(土)
入場料
500円
休館日
月、火曜日
開館時間
11:00-18:00(イベント時は変更)
主催
北條知子&ラヘル・クラフト
ウェブサイト
Reborn Homes Through My Voice

▲ページの先頭へ



文字の大きさ