2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

アートフラッシュニュース

+クリエイティブゼミVol.25 デザイン編 観察のカガク

最終更新日:2017年06月13日

アイデアは何もないところから魔法のように出てくるわけではありません。アイデアを導き、適切なかたちを与えるためには、デザインする対象をあらゆる角度から観察し、解決へと向かう発見に繋げていく必要があります。デザインに必要な解決の力を手に入れるのは、実はそんなに難しいことではありません。好奇心を最大にして、まずは身の回りの日常に目を向けてみましょう。豊かな発想も自分らしいアイデアも、観察と発見の積み重ねから生まれます。

+クリエイティブゼミ「観察のカガク」では、アイデアを生み出す力になる観察についての基本的な考え方や、表現へと繋がる発見の方法を学び、ワークショップを通じて「デザインのための観察力」を磨きます。

ウェブサイトより)

講師

久慈達也(DESIGN MUSEUM LAB/デザインリサーチャー)
近藤聡(明後日デザイン制作所/グラフィックデザイナー)

スケジュール

◎第1回 7月5日(水)オリエンテーション
 色や形を扱うデザインという行為において、観察はなぜ必要なの?
◎第2回 7月12日(水)ワークショップ1
 みる→かく…つくるための観察その1:みたものを言葉にかえること。
◎第3回 7月19日(水)ワークショップ2
 みる→やる…つくるための観察その2:みている以上に引き出すこと。
◎第4回 7月23日(日)ワークショップ3
 フィールドワーク…身近な日常を発見のフィールドにかえるトレーニング。
◎第5回 7月26日(水)ワークショップ4
 みる→みる…つくるための観察その3:みたものをそっとしておくこと?

会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) 2F ライブラリ
(兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4)
会期
2017月7月5(水)、7月12日(水)、7月19日(水)、7月23日(日)、7月26日(水)
全5回 19:15-21:00(23日のみ13:00-18:00)
参加
参加費:5,000円(教材費含む)
定員:25名(要申込・先着順)
*申し込み方法はウェブサイトをご覧ください
主催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
ウェブサイト
http://kiito.jp/schedule/seminar/article/22773/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ