2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

アートフラッシュニュース

青森県立美術館 アグロス・アートプロジェクト2017 明日の収穫〈種まき編〉 参加者募集

最終更新日:2017年07月10日

twitterでつぶやく

美術館でお米の収穫体験!?
土に根ざした学びをもとに、美術館で新しい〈青森アート体験〉を始めよう!

「アグロス・アートプロジェクト 明日の収穫」は県立美術館発の、農業とアート体験をかけ合わせた地域アートプロジェクトです。
美術館敷地内の、お米や雑穀を育てる農園での農作業を体験しながら、アーティストとプロジェクト参加者が収穫物をもとに一つの作品づくりを行います。今年の幾つかの関連イベントを行った上で制作計画を立てる「種まき編」、翌年の計画に基づき作品を制作・展示する「刈入れ編」として2年間で構成され、この度「種まき編」の参加者を募集いたします。
プロジェクト参加に際してアートや農業の知識も資格も要りません。様々な分野への関心と積極的な「やってみたい!」の気持があれば大歓迎。全てを経験した頃には、米雑穀の栽培とアートプロジェクトの運営ノウハウが身につくはず。あなただけのアートイベントの企画を提案することができるようになっているかも!?

ウェブサイトより)

活動内容

・美術館で栽培されたお米や雑穀の収穫、画材等への加工作業
・8月〜9月の企画関連イベントの運営
・10月以降のアーティストとの共同勉強会を通じた制作計画の作成

*活動費等 活動の際の交通費、謝礼等の支給はありません。
 ボランティア保険には加入いたします(費用は美術館が負担します)。

会場
青森県立美術館
(青森市安田字近野185)
活動期間
2018年3月末日まで
応募
2017年7月31日(月)必着
応募の際は必ずウェブサイトで詳細情報をご確認ください
協力
青森県立郷土館、独立行政法人青森県産業技術センター 農林総合研究所
ウェブサイト
スケジュールや応募条件などの詳細は、ウェブサイトをご確認ください
http://www.aomori-museum.jp/ja/

▲ページの先頭へ



文字の大きさ