2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

アートフラッシュニュース

映画『セザンヌと過ごした時間』9/2より全国順次公開!

最終更新日:2017年08月23日

twitterでつぶやく

ピカソに「我々の父」、マティスに「絵の神様」と崇拝された、画家ポール・セザンヌ。リンゴを描いた静物画や、生まれ故郷である南仏の風景画は広く愛され、その作品は今も世界中の美術館に飾られている。だが、セザンヌが現在の不動の評価を得たのは、亡くなった後のこと。その“不遇の天才”には、共に支え高め合うライバルがいた。不朽の名作『居酒屋』『ナナ』の小説家エミール・ゾラ。名画と小説に隠された、40年にわたる、激しくも美しい友情が今、明かされる──

セザンヌには、『不機嫌なママにメルシィ!』がセザール賞作品賞を含む主要5部門に輝き、今やフランスで絶大な人気を誇るギヨーム・ガリエンヌ。破天荒な言動で周りを魅了するセザンヌをダイナミックに演じた。ゾラには、『戦場のアリア』のギヨーム・カネ。最後は謎の死を遂げたゾラの複雑な人物像を繊細に演じた。『モンテーニュ通りのカフェ』のダニエル・トンプソン監督が、15年に渡る膨大なリサーチの末、長年の夢を映画化。人は喜びも悲しみも、こんなにも美しく確かな形に残すことができる──芸術の秘密に心が躍る感動作が誕生した。

映画『セザンヌと過ごした時間』は、9月2日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。
(公式サイトより)

公式サイト
http://www.cetera.co.jp/cezanne/

▲ページの先頭へ



文字の大きさ