2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

ゲンビ「広島ブランド」デザイン公募2017

最終更新日:2017年10月12日

twitterでつぶやく

「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募2017」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラムです。

広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たな「広島ブランド」のアイデアを募集します。既存の名産品を(再)ブランディングするような案、あるいは、新たなモノ・コトのデザインを通して、広島の暮らしや物づくりから新たな魅力を引き出すような案など、そのアプローチは問いません。生活や暮らしに密接にかかわる事柄を主題としながらも、実現性や生産効率ばかりにこだわらず、広島の暮らしをデザインの観点から改めて問い直すような、「広島ブランド」の再構築としてのデザインアイデアを募集します。
また、それらのアイデアを「いかに見せるか」という点も重要なポイントとなります。優れたアイデアと、展示においてその魅力を効果的に提示する計画をあわせてご応募ください。


特別審査員(五音順)

川上典李子(デザインジャーナリスト)
藤森照信(建築家・建築史家)
皆川明(デザイナー)

募集期間
2017年10月1日(日)〜11月30日(木)必着
審査・選考
広島市現代美術館スタッフと特別審査員による審査を行い、入選者(8名/組程度)を選出します。
その中から特別審査員賞(3名/組)および観客賞(1名/組)を選定します。
結果発表
2018年1月12日(金)
本サイトにて審査結果を発表します。
展覧会
応募作品から選ばれた入選作品を一挙展示します。
2018年2月17日(土)〜3月4日(日)
会場:広島市現代美術館地下1階ミュージアムスタジオ
ウェブサイト
ゲンビ「広島ブランド」デザイン公募2017l
応募方法やスケジュールなどプログラムの詳細はウェブサイトをご覧ください。

▲ページの先頭へ



文字の大きさ