2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

アートフラッシュニュース

伝える・感じる・考える──制作者と鑑賞者の対話

最終更新日:2017年12月08日

このフォーラムでは、公開鑑賞会とディスカッションを通して、見える人と見えない人の鑑賞体験の違いについて考えます。コーディネーターは、「無視覚流鑑賞」を実践する広瀬浩二郎氏。当日午後1時から3時半までは、10名の協力者が、2名のアーティストとともに作品を体験します。その後、見えない人と見える人の作品鑑賞について、意見交換を行います。鑑賞するのは、石原友明氏による点字を用いた絵画と、鈴木康広氏による《空気の人》。ひとが「関わる」ことによって意味や価値が生成、変化していくこれらの作品を通して、「見る」ことだけに依らない鑑賞体験の多様性について考えてみませんか。なお当日午後3時半以降は、来場者の方もアーティストとともに作品を体験できます。

ウェブサイトより)

プログラム

◎13:00〜14:00 公開鑑賞会
石原友明(美術家)×鈴木康広(美術家)×10名の協力者(視覚に障害のある方と健常者)
コーディネーター:広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)
◎14:00〜15:30 公開ディスカッション
テーマ 「見えない人と見える人の作品鑑賞について」
◎15:30〜17:00
石原氏・鈴木氏とともに、両作家の作品を鑑賞できます。どなたでもご自由にお立ち寄りください。

会場
京都国立近代美術館 1階ロビーおよび講堂
(京都市左京区岡崎円勝寺町26-1)
会期
2017年12月16日(土)13:00〜17:00
入場料
無料
定員:先着60名(当日12時より1階受付にて整理券を配布します)
主催
新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業実行委員会
ウェブサイト
第2回フォーラム 「伝える・感じる・考える──作者と鑑賞者の対話」


アートフラッシュニュース

文字の大きさ