2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

ALLNIGHT HAPS 2017後期「接触の運用」

最終更新日:2017年12月08日

東山アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)では、2017年12月6日(水)より、アーティスト・髙橋耕平の企画によるALLNIGHT HAPS 2017後期「接触の運用」を開催いたします。
記録や複製を扱う髙橋の作品において、対象に向き合う自身の「身体」の所在は常に意識されてきた主題です。本展では5名の作家と高橋自身の参加により、身体の運用を通じた作品の生成について考察します。

ウェブサイトより)

出展作家

#1 石川卓磨 2017年12月6日(水)〜12月26日(火)
#2 三重野龍 2018年1月9日(火)〜1月31日(水)
#3 笹岡由梨子 2018年2月6日(火)〜2月28日(水)
#4 柳瀬安里 2018年3月6日(火)〜3月26日(月)
#5 小林耕平+髙橋耕平 2018年3月30日(金)〜4月23日(月)

会場
HAPSオフィス 1F
(京都市東山区大和大路五条上る山崎町339)
展示時間
18:00〜9:30(翌日朝)
主催
東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
ウェブサイト
ALLNIGHT HAPS 2017後期「接触の運用」
展示の詳細はウェブサイトをご覧ください


アートフラッシュニュース

2018年10月18日

DESIGNART TOKYO 2018

2018年10月16日

空白より感得する

文字の大きさ