2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

セルフ・ビルド・ワークショップ 「あそび」のための「大きな家具/小さな建築」

最終更新日:2017年12月13日

注目の若手デザイナー・建築家とセルフビルドの心構えと技術を学ぼう!

必要だと言われるから、みんながいいというからではなくて自分自身が本当に必要だと思うものを、自分の手で作り出す。それが「セルフビルド」。
だからそれはいつも社会のこうあるべきから少しはみ出ていて、そのはみ出しっぷりが爽やかでかっこよかったりする。
セルフ・ビルド・ワークショップは、自ら「つくる」ための知識を得るための場であると同時に、手垢にまみれたこれでいいという感覚から一度距離を置いてみるためのエクササイズでもある。
ものづくりの現場では、ぴったりではなく、少し余裕がある状態のことを「あそび」と呼ぶ。
少し隙間を残したり、大きめに作っておくことで、後から調整できたり、部材通しの関係を良くするために設けられる。
この「あそび」そのものが機能を持つわけではないが、あると全体がうまく回るような存在だ。
KIITOに点在する余白も言うなれば、この建物における「あそび」ではないだろうか。そこに新たな機能を詰め込んで、「あそび」を解消してしまうのではなくてこの「あそび」であることを表現した家具と建築の間のような装置をつくることが今回の目標だ。

ウェブサイトより)

プログラム<

第1回(終了済)

2017年12月2日(土) 13:00-19:00、3日(日) 10:00-18:00
ゲスト講師:西尾健史(DAYS.)

第2回

2018年1月20日(土) 13:00-19:00、21日(日) 10:00-18:00
ゲスト講師:+tic

第3回

2018年2月17日(土) 13:00-19:00、18日(日) 10:00-18:00
ゲスト講師:NO ARCHITECTS

会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) プロジェクトスペース2B
(兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4)
参加
無料/事前申込制(先着順、定員[15名]に達し次第受付終了)
各回日程の2日間とも参加できる方対象
申込方法はウェブサイトをご覧ください
主催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
ウェブサイト
セルフ・ビルド・ワークショップ 「あそび」のための「大きな家具/小さな建築」


アートフラッシュニュース

2018年10月18日

DESIGNART TOKYO 2018

2018年10月16日

空白より感得する

文字の大きさ