2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

NEOFLUXUS(ネオフルクサス)

最終更新日:2018年03月07日

ダダが発端で始まり展開されてきたナンセンスの極致を追求したハプニングやパフォーマンス。1960年代は当時のパフォーマンスを横断的に結びつける国際的な組織を考えたジョージ・マチューナスGeorge Maciunas氏が〈流れ〉を意味するfluxusと英語のflux us(われわれを融合する)とをかけたこの語を派閥の称号とした。NeoFluxusでは、このハプニング・パフォーマンスの表現を参加型インターアクティビティ、共同制作で繰り広げる。

出演者

臼井康弘(ギター)
キオ・グリフィス(ベース、映像)
マルコス・フェルナンデス(パーカッション、フォノグラフィー)
直江実樹(ラジオ)
森田浩彰 (パフォーマンス)
ほか

ウェブサイトより)

会場
BankART Studio NYK Kawamata ホール
アクセス: BankART Studio NYK(〒231-0002 横浜市中区海岸通 3-9) 横浜みなとみらい線「馬車道駅」 6出口[赤れんが倉庫口]徒歩5分
会期
2018/3/15(木)
19:30開場
20:00開演
2セット、途中休憩あり
(21:30終了予定)
入場料
2,000円(ワンドリンク付き)
問い合わせ先
キオ・グリフィス 電話番号: 09030033491
メール: kiogriffith@gmail.com
主催
Accretions / Bakamo / 9rpm
ウェブサイト
イベントFacebookページ


アートフラッシュニュース

文字の大きさ