2018年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

「ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ」展 関連企画

最終更新日:2018年04月02日

本展は、1985年にこどもの城(渋谷)における回顧展の際に実演されたワークショップを「ムナーリを読み解く鍵」として、その全生涯にわたる作品約320点をご紹介します。そのうち約150点は日本初公開となる作品で、未来派に関わっていた時代の作品、そして晩年の絵本原画など、これまで日本であまり知られてこなかったムナーリの一面を教えてくれるでしょう。また会期中は、ムナーリの絵本や遊具を手に取ることができる場を設け、ムナーリ自身が考案したワークショップを開催することで、言葉を超えるムナーリの表現や思想に触れていただきます。

ウェブサイトより]

関連企画

すべて申込不要、参加無料。ただし展示室で行われる企画は、本展の当日観覧券が必要です。

オープニング・トーク

講師:アルベルト・ムナーリ
(ジュネーブ大学名誉教授/ブルーノ・ムナーリご子息)
日時:4月7日(土)午後1時30分から3時まで
場所:講堂
定員:70名(当日先着順)
※逐次通訳あり

講演会

ブルーノ・ムナーリ ──ひたすらに造形の言葉を求めて
講師:岩崎清(日本ブルーノ・ムナーリ協会代表)
日時:5月5日(土・祝)午後2時から3時30分まで
場所:講堂
定員:70名(当日先着順)

毎週土曜日はムナーリの遊具で遊ぼう

ムナーリがデザインした子ども向けの遊具に触れます。
日時:会期中毎週土曜日(4月7日を除く)
午前10時から12時まで/午後2時から4時まで
場所:エントランス
対象:3歳以上(小学生以下は保護者同伴)

担当学芸員によるギャラリートーク

●大人むけ
日時:4月8日(日)、5月19日(土)
各日午後2時30分から3時まで
場所:展示室 対象:中学生以上
●子どもむけ
日時:4月28日(土)、5月12日(土)
各日午前11時から11時30分まで
場所:展示室 対象:小学生以下(保護者同伴)

近代美術館入門講座(葉山町共催)「“役に立たない”ブルーノ・ムナーリ講座」

日時:4月21日(土)午前10時から11時まで
場所:葉山町福祉文化会館 大会議室
講師:髙嶋雄一郎(当館学芸員)
福祉文化会館への案内地図:https://www.town.hayama.lg.jp/soshiki/fukushi/kaikan/1585.html

「ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ」展 概要

会場
神奈川県立近代美術館 葉山
(神奈川県三浦郡葉山町一色 2208-1)
会期
2018年4月8日(土)〜2018年6月10日(日)
入場料
一般1,200(1,100)円
20歳未満・学生1,050(950)円
65歳以上600円
高校生100円

*「ブルーノ・ムナーリ」展をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りコレクション展「抽象の悦び」もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金です。中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。
*無料開館日: 5月18日(金)「国際博物館の日」は、開催中の展覧会を無料でご観覧いただけます。
*ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:5月6日、6月3日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は「会話を楽しむ日」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご観覧ください。
*その他の割引につきましてはお問い合わせください。
休館日
月曜日(4月30日は開館)
開館時間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
主催
神奈川県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
ウェブサイト
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2018/munari/index.html#detail


アートフラッシュニュース

文字の大きさ