2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

アートフラッシュニュース

「理由なき反抗」展

最終更新日:2018年04月11日

2018年、蔓延る情報操作、得体のしれない都合、無理ある理由付は、社会に不自由をもたらした。この不条理で不安な状況と対峙し、不自由と闘うために、今、どれほどの理由が必要なのか。理由、理屈、理論だけではなく、私たちがもともと持っている直観、感覚、感性を手段とし闘う方が、有効なのではないのだろうか。アートの歴史とは、自由への闘いの歴史である。

アーティストは、慣習、体制、権力、困難な状況といったものに抗い、闘う。本展では、ワタリウム美術館コレクションを中心に、15人の作家、約100点の作品を展示する。それらの作品は、自由への闘い方を私たちに教えてくれる。アーティストたちの生き方、闘い方はそれぞれであるが、共通しているのは、何者にも屈しない自由への心である。

ウェブサイトより)

アーティスト

第1章 レジスタンス

ホワン・ヨンピン/ジョン・ケージ/ヨーゼフ・ボイス/ナムジュン・パイク/オノ・ヨーコ/竹川宣彰

第2章 デザイン革命

バックミンスター・フラー/アレクサンドル・ロトチェンコ/マックス・ビル

  
第3章 理由なき反抗

アンディ・ウォーホル/ギルバート&ジョージ/キース・ヘリング/アレン・ギンズバーグ/ロバート・メイプルソープ/BIEN(ビエン)

特別上映

ダライ・ラマ14世「直感と想像」

関連イベント:竹川宣彰の「理由ある反抗」

参加費:各回1,000円(ワタリウム美術館会員割引あり)
予約方法はウェブサイト参照。

ドキュメンタリー映画『STANDARD』上映会&平野太一監督トーク

4月30日(月・祝)19:00〜
出演:平野太一、竹川宣彰

神話の崩壊とアート

5月1日(火)19:00〜
出演:津田大介、竹川宣彰

文化が脱皮する時

5月6日(日)19:00〜
出演:野間易通、竹川宣彰

展示概要

会場
ワタリウム美術館
(東京都渋谷区神宮前3-7-6)
会期
2018年4月7日(土)〜7月29日(日)
入場料
大人 1,000円
学生(25歳以下)800円
小・中学生 500円
70歳以上の方 700円
ペア券: 大人2人 1,600円/学生2人 1,200円
休館日
月曜日(4月30日、7月16日は開館)
開館時間
11:00〜19:00(毎週水曜日は21:00まで延長)
主催
ワタリウム美術館
協力
オオタファインアーツ
ウェブサイト
http://www.watarium.co.jp/about.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ