2018年05月15日号
次回6月1日更新予定

アートフラッシュニュース

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」作品プラン大募集!(5月7日〆切)

最終更新日:2018年04月27日

2018年9月8日(土)から11月25日(日)(※会期中無休)に六甲山上で開催する現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」。六甲山の景観や文化を活かし、エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランを募集します。六甲山の気象の特徴である強風・濃霧などを逆手に取り、それを活かした作品も歓迎します。書類選考(1次審査)を行い15点前後の入選作品を決定します。入選者には制作補助金として25万円(税込)を授与します。

ウェブサイトより)

応募期間

2018年2月1日(木)~5月7日(月)※当日消印有効
※持ち込み不可

選考方法

1次審査では審査員による書類選考を行い、15点前後の入選作品を6月上旬に仮決定し(入選候補者のみに通知)、その後、実現性の審査を経て6月末にwebサイト等で正式に発表します。入選作品に対し、作品完成後の2018年9月6日(木)に2次審査を行い各賞を決定。9月7日(金)に表彰式を行います。

応募資格

年齢や国籍、プロ、アマチュア、個人、団体など一切問わない

展示場所

六甲ガーデンテラス
自然体感展望台 六甲枝垂れ
六甲山カンツリーハウス
六甲高山植物園
六甲オルゴールミュージアム
六甲ケーブル(天覧台含む)
六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)
[プラス会場]TENRAN CAFE
※敷地内に限る
※これらの会場の敷地内で、招待アーティストの作品を展示することが決定している場所については、公募作品の展示はできません。招待アーティストの展示場所が決定した場合は、こちらにて随時発表します。
(作品プラン内でこれらの場所を展示希望する場所として指定されている場合、入選仮決定後にキュレーターから展示場所変更の相談行う場合があります。)

審査員

江上 ゆか:兵庫県立美術館 学芸員
三分一 博志:建築家(「自然体感展望台 六甲枝垂れ」設計者)
芹沢 高志:デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)センター長
中野 仁詞:公益財団法人神奈川芸術文化財団 キュレーター
森 司:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 事業推進室事業調整課長
宮西 幸治:六甲山観光株式会社 代表取締役社長
※2018年2月28日(水)現在
※書類選考(1次審査)は、上記に加え、本展キュレーター高見澤清隆が審査員として参加します。
(敬称略・順不同)

キュレーター

高見澤清隆:六甲オルゴールミュージアム シニアディレクター
(敬称略)

※応募規定・応募方法など詳細はウェブサイトを参照のこと。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」概要

会場
六甲ガーデンテラス
自然体感展望台 六甲枝垂れ
六甲山カンツリーハウス
六甲高山植物園
六甲オルゴールミュージアム
六甲ケーブル(天覧台含む)
風の教会(グランドホテル 六甲スカイヴィラ含む)
六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)
[プラス会場]TENRAN CAFE
※プラス会場「TENRAN CAFE」の展示作品については、カフェのご飲食利用が必要です。
会期
2018年9月8日(土)〜11月25日(日)
休館日
会期中無休
開館時間
10:00~17:00
※会場により17:00以降も鑑賞できる作品あり
主催
六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社
キュレーター
高見澤清隆 / 六甲オルゴールミュージアム シニアディレクター
ウェブサイト
https://www.rokkosan.com/art2018/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ