2018年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

ICC キッズ・プログラム 2018 「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」

最終更新日:2018年08月15日

今年度のキッズ・プログラムは,「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」と題し,私たち誰もが持つ触覚の奥深さをテクノロジーによって感じなおす体験,そして,触覚が情報化される近未来の表現をテーマとしています.

私たちは,世界を五感(視覚,聴覚,触覚,味覚,嗅覚)で感じとっています.このうち,目(視覚)や耳(聴覚)で感じる情報を伝えるための技術は,テレビやラジオ,電話などの形で私たちの生活でもおなじみのものになっていますが,触覚は,実物に触れなければ感じることができないものだとされてきました.しかし最近,触覚を記録・再生したり,またはそこにない凸凹や質感を伝えたりする触覚技術が開発され,注目されるようになっています.

この展覧会では,テクノロジーを利用した芸術表現,デザイン,遊びなどから,子どもたちに感覚への新たな気づきを提供するとともに,触覚を記録・再生するツールなど最新の触覚技術を紹介し,子どもたちの感覚の想像力を広げ,思考や創造を生み出すきっかけとなる場を提供します.

ウェブサイトより)
会場
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階)
会期
2018年7月20日(金)〜8月26日(日)
入場料
無料
休館日
月曜日,保守点検日(8/5)
主催
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
ギャラリートーク
「《手でみるシカク》のアーティストと話してみよう!」
ICC キッズ・プログラム 2018「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」に《手でみるシカク》を出品している宮野有史が,自身の作品について来場者とお話しします.「どういう仕組みになってるの?」や「どうして作りはじめたの?」など,その場でアーティストと話すことができる貴重な機会です.開催時間内のご都合のよい時間にお越しください.
開催日時:2018年8月18日(土)午後1時〜4時
会場:ICC ギャラリーA
参加費:無料
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
ワークショップ
「echoサインを作ってみよう」
このワークショップでは,コウモリやイルカのように,ものに触れずに空間を認識するechoをつけて,会場の中を歩いてみます.echoで街を歩いた時に,街のルールやものの区別をどのようにつけたらいいでしょうか? echoという新しい感覚を体験し,そこから生まれる新しい形・質感からルールを作ってみましょう.
講師:echo project(和田夏実,浪川耕平)
開催日時:2018年8月25日(土)午前11時30分より/午後2時より
所要時間:各回とも約1時間
会場:ICC ギャラリーA
定員:各回5名
対象:小学3年生以上
参加費:無料
*見学自由
申込方法:当日,各回の30分前よりICC ギャラリーA入口にて申込を受け付けます(先着順).
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
ウェブサイト
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2018/icc-kids-program-2018-information-touch-wonder/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ