2018年11月15日号
次回12月3日更新予定

アートフラッシュニュース

建築学生ワークショップ伊勢2018 公開プレゼンテーション

最終更新日:2018年08月31日

全国の大学生たちが小さな建築を、伊勢・神宮周辺区域に8体実現。

神宮は、三重県伊勢市にある神社本庁の本宗神社。古代より現代にも受け継がれてきた、我が国を代表する聖地において、2018年夏、建築学生ワークショップを開催します。

今春に全国から公募にて募りました、建築や芸術、環境デザインを学ぶ国内外の参加学生ら約60名が、合宿(期間:8月28日から9月2日)にて神宮周辺に滞在し、古代よりの歴史文脈に基づいた小さな建築を8体、9月2日(日)伊勢・神宮周辺区域に実現します。また12時より、伊勢・神宮周辺区域にて開催される公開プレゼンテーションでは、参加学生たちの提案意図や制作の創意工夫を発表し、国内外で活躍する建築家をはじめとした全国の大学で教鞭を執られる先生らと技術者による講評会を開催します。

大学や専攻、年齢も異なり次世代を担う参加学生たちが、歴史的に貴重な日本の聖地の環境に触発され、7月より現地のリサーチを重ねた経験に基づき、合宿による地域滞在型での制作ワークショップにより、柔軟な発想により制作した作品と発表、そして厳しくも温かい講評者の貴重なコメントを合わせてお聴きください。

古の教えに学びながら提案し、豊かな発想力のもと実現した小さな建築空間に存在する、新たな価値の発見に迫ります。

会場
いせシティプラザ
(三重県伊勢市岩淵1-2-29)
会期
2018年9月2日(日)
9:30〜17:00(8:30開場)
入場料
無料
聴講お申し込み
http://ws.aaf.ac/form5.htm
ウェブサイト
http://ws.aaf.ac/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ