2018年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」

最終更新日:2018年09月03日

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA では毎年、国際的に活躍する海外作家の創造と実践に触れる機会として、展覧会や実践的なワークショップ、レクチャーなどを実施しています。2018年度は、挑発的でアイロニカル、かつユーモア溢れる作風で知られるベルリン在住の作家、クリスチャン・ヤンコフスキーを招聘し、日本初の個展を開催します。

ブリーフケースと機内持ち込みサイズのスーツケースの二つを持って世界中を駆け巡るヤンコフスキーは、仕事の依頼を受けた各地でさまざまな業種の人々との協働作業を通じて、アートの世界とそれとは異なる世界とを接続し、その関係性やそれぞれのあり方を問いかける活動を行っています。

2018 年6 月の京都でのリサーチにて制作した龍崎飛鳥(京都祇園 Bizarre Lounge「BAR-BARA -the Bizarre-」)の緊縛とのコラボレーションによるテストピースや、本学出身の若手作家や学生などを交えたレクチャーパフォーマンスを題材とした複数の新作が発表される本展のタイトルは「Floating World」。緊縛に関心を示したリサーチ当初からヤンコフスキーは地面から浮遊した状態で固定されることにこだわっていました。このタイトルは、歌舞伎や浮世絵に表されるようになったことで緊縛に芸術性が追求されていった歴史的背景もさることながら、例えばヨコハマトリエンナーレ2017 でも展示され、日本の美術ファンの記憶にも新しい「重量級の歴史」(2013)など、重力に逆らって物の見方を変えるような表現のみならず、アートの世界とそうでない世界との関係性を探り続けながら、人々の意識から離れた場所にある新たな世界を提示しようとするヤンコフスキーの作家活動そのものをも示すような言葉だとも言えます。彼のアイデアがいかに発展してオープニングを迎えるのか、ご期待ください。

ウェブサイトより)
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
(京都府京都市中京区押油小路町238-1)
会期
2018年9月15日(土)〜10月28日(日)
入場料
無料
休館日
9月18日(火)、25日(火)、10月1日(月)、15日(月)、22日(月)
(原則として月曜日休館、祝日・振替休日の場合は翌火曜日休館)
開館時間
11:00–19:00
※10月5日(金)はニュイ・ブランシュKYOTO 2018のため22:00まで
主催
京都市立芸術大学
ウェブサイト
http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20180915_id=12797#ja
2018年 /relation/e_00045684.json l 10148924


アートフラッシュニュース

文字の大きさ