2018年11月15日号
次回12月3日更新予定

アートフラッシュニュース

空白より感得する

最終更新日:2018年10月16日

本展覧会は、空気や水、そしてテクノロジーも自然の一部と捉えられる現代において、自然環境を捉え直す芸術的な試みである。企画の軸として、ブーメランに始まる物理学研究の傍ら、80年代初頭からテクノロジーを通じて自然現象を鋭敏に捉える先駆的な活動を行ってきたフェリックス・ヘスの20年ぶりの日本招聘を行い、その思想に共鳴する世代を超えた作家達による場を結実させる。

ウェブサイトより)

関連イベント

10月21日(日)10:00〜

トークイベント
谷竜一(集団:歩行訓練 / 京都芸術センター アートコーディネーター )+渡辺美帆子(演劇作家、二十二会)

10月28日(日)16:00〜

トークイベント
金子智太郎 (美学・聴覚文化論研究者)

11月9日(金)18:00〜

パフォーマンス
山川冬樹(現代美術家 、ホーメイ歌手)

11月11日(日)17:00〜

パフォーマンス
大田高充(アーティスト)+小林椋(美術家)+米子匡司(音楽家)+Haco(ヴォーカリスト/作曲家/エレクトロニクス奏者)

そのほか ※日時など詳細はウェブサイトにて発表します。

トークイベント
松井茂(詩人、IAMAS准教授)

展示概要

会場
瑞雲庵
(京都市北区上賀茂南大路町62-1)
会期
2018年10月13日(土)〜11月11日(日)
入場料
入場無料
休館日
火、水、木
開館時間
13時〜19時
主催
みはらぼ
出展作家
フェリックス・ヘス[It's in the air/vanes&crackler]
大城真 [waves, 2018年新作]
斉田一樹+三原聡一郎 [moids ∞, 2018年新作]
キュレーション
三原聡一郎
ウェブサイト
http://mhrs.jp/blanks/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ