2018年11月15日号
次回12月3日更新予定

アートフラッシュニュース

MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語

最終更新日:2018年11月05日

「MOT サテライト」は、改修休館中に東京都現代美術館の活動を館外に拡張し、まちなかでアーティストの作品展示やプロジェクトを実施することで、「まち=地域」の魅力を再発見しようとする試みです。
江戸時代からの下町情緒や水辺の風景などの魅力あふれるまちの特色に加えて、近年ではカフェやギャラリーも賑わいを見せるなど、新旧の文化が交わる清澄白河。1995年に開館以来、東京都現代美術館はこの地で活動を続け、国内外の現代美術を発信してきました。
第3回となるMOTサテライト 2018秋は、「うごきだす物語」というテーマのもと、2019年3月下旬に迫った美術館のリニューアル・オープンへの気運を高め、地域や関係各所との連携をさらに深めていくことを目指します。さまざまな領域で活躍してきた作家や研究者たちが清澄白河周辺のまちや人々と関わり、対話が生まれ、多くの作品や関連プログラムが生まれました。作品やプロジェクトを通してまちの記憶が「物語」として動き始め、今まさに動き始めたまちの姿が生き生きと描き出されていきます。ぜひまちをめぐり、作品と触れ合いながら、本展をお楽しみください。
主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した7ヶ所の「MOTスペース」でご覧いただけます。また、コーヒー・ロースタリーやカフェ、商店街などに点在する「MOTスポット」の小さな展示を、まち歩きを楽しみながらご周遊ください。地域のクリエイティブな拠点「地域パートナー」で行われる多彩な活動にもご注目ください。

ウェブサイトより)

関連イベント

【トークイベント&ワークショップ】心臓ピクニック@清澄白河

心の豊かさのために芸術やテクノロジーにできることは何か、多角的な視点からWellbeing について考えるトークと、まちの人々/ まちを訪れた人々が、地域のお寺を会場に、自分/ 他者の心臓の鼓動に触れて「生命」を実感する「心臓ピクニック」ワークショップを開催します。
日時:11月17日(土)14:00 - (体験ワークショップ 15:00-)17:00終了予定
会場:龍徳山 光厳教寺 雲光院[江東区三好2-17-14]
出演:安藤英由樹(大阪大学)、渡邊淳司(NTT コミュニケーション科学基礎研究所)、ドミニク・チェン(早稲田大学)ほか
定員:トーク50 名(先着順)/体験ワークショップ25 名(整理券制) 見学のみも可能
参加方法:体験ワークショップのみ、当日11時から13時30分まで、案内所にて整理券を配布します。(無くなり次第、終了)
トークご参加の方は当日、直接会場にお越しください。

第57回MOT美術館講座
[レクチャー]「MOTコレクション-保存しながら、見せるということ」

東京都現代美術館収蔵作品担当学芸員がMOTサテライトで展示されている当館収蔵のデニス・オッペンハイム作品や、MOTコレクション(東京都現代美術館収蔵作品)の特色、作品を大切に保存しながら見せること等についてお話します。
日時:11月10日(土)13:30 - 15:00
会場:リトルトーキョー [江東区三好1-7-14]
定員:30名(事前予約不要、先着順)*手話通訳つき
参加方法:当日直接会場にお越しください。

[トーク] ひがしちか×戌井昭人(鉄割アルバトロスケット主宰)

日時:11月10日(土)16:00 - 17:30
会場:リトルトーキョー [江東区三好1-7-14]
定員:30名(事前予約不要、先着順)
参加方法:当日、直接会場にお越しください。

[ワークショップ] 鈴木のぞみ
「Monologue of the Light / 日常にある穴で写真を撮ってみよう!」

参加者が作家とともにまちの中にある穴を探し、その穴から見えている光景を印画紙に焼き付けます。
日時:11月11日(日)10:00 - 16:00
会場:白河二丁目町会会館(MOTスペースG)[江東区白河2-3-8]
定員:10 組 小学生以上(小学生は保護者同伴、事前申込制
参加方法:申込方法等詳細については、こちらをご覧ください。

[トーク] 「清澄白河からまちを考える」

清澄白河をベースに、アートプロジェクトを手がけたり、拠点を作ったり、カスタマイズツアーを主催したりと、独自の「まち」との関わり方を提案してきた人たちを、「MOTサテライト 2017春」担当学芸員がナビゲートします。
日時:11月16日(金)19:00 - 20:30
出演:伊藤薫(Treck Treck代表)、後藤寿和、池田史子(株式会社ギフト・ラボ)、林暁甫(inVisible代表)
会場:gift_lab GARAGE [江東区白河1-3-13清洲寮102] 
定員:30 名 (事前予約不要、先着順)
参加方法:当日、直接会場にお越しください。

[トーク] 宮永愛子

日時:11月17日(土)18:00 - 19:30
ゲスト:小野正嗣(作家・立教大学教授)
会場:THE FLEMING HOUSE [江東区三好2-6-10]
定員:30名(事前予約不要、先着順)
参加方法:当日直接会場にお越しください。

展示概要

会場
清澄白河エリアの各所
※ガイドマップはこちら

メイン会場 【MOTスペースA~G】
A)深川資料館通り商店街協同組合事務所 1F(江東区三好3-8-5)
B)グランチェスター・ハウス(江東区三好3-8-5)
C)白河の倉庫(江東区白河2-5-9)
D)大島倉庫(江東区白河2-4-2)
E)旧酒房越路(江東区白河2-4-2)
F)三好の旧製本所(江東区三好2-15-3)
G)白河二丁目町会会館(江東区白河2-3-8)

※MOTスペースAは展示やイベント等についてご案内する案内所にもなっています。

バリアフリー情報はこちら

清澄白河エリアの店舗・カフェ等 【MOTスポットa~f】
a)ささきビル(外壁)
b)旭写真店
c)アライズ コーヒーエンタングル
d)江東区立深川図書館
e)サッカール 
f ) 善徳寺(外壁)
※MOTスポットの開場日時は各スポットの営業日や営業時間に準じます。
会期
2018年10月20日(土)-11月18日(日)
金・土・日、祝 の11:00 -18:00
入場料
無料  ※関連プログラムもすべて参加無料
問い合わせ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
8:00-22:00 年中無休
または
03-5245-4111
(東京都現代美術館 代表)
平日9:30-18:00
主催
東京都、東京都現代美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
参加作家・プロジェクト
・ヂョン・ヨンドゥ < MOT スペースC >
・宮永 愛子 < MOT スペースF >
・鈴木 のぞみ < MOT スペースD・G / MOT スポットb・c・e >
・ひがし ちか < MOT スポットa,f >
・志村 博 < MOT スペースB >
・東京都現代美術館収蔵品展示(デニス・オッペンハイム) < MOT スペースE >
・東京大学 廣瀬・谷川・鳴海 研究室× DNP AR プロジェクト < MOT スペースA >
・東京藝術大学芸術情報センター清澄白河プロジェクト < MOT スペースA >
・錯視ブロックワークショップグループ < MOT スペースA >
・のらもじ発見プロジェクト < MOT スペース各所/ MOT スポットd >
・心臓ピクニック・日本的 Wellbeing プロジェクト (※トークイベント&ワークショップのみ)
・鉄割アルバトロスケット(※演劇公演のみ) 
ウェブサイト
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot-2018.html#tabs=tabs-3
2018年 /relation/e_00046614.json l 10150426


アートフラッシュニュース

文字の大きさ