2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

アートフラッシュニュース

ここから 3─障害・年齢・共生を考える 5日間

最終更新日:2018年11月26日

本展は、文化庁主催により、平成28年10月に開催した「ここからーアート・デザイン・障害を考える3日間ー」展と、平成30年3月に開催した「ここから2─障害・感覚・共生を考える8日間」展を継承する展覧会です。3回目の開催となる今回は、「障害・年齢・共生を考える」をテーマとし、年齢については「エイジ/レス」をサブキーワードとしました。障害や年齢を超越して、ものをつくることについて考え、また同じ場に集って展示を見ることにより、アートを通じて共生社会を考える機会となるよう企画するものです。また、「障害者週間」と会期を重ねることで、共生社会への関心や理解がより深まることを期待しています。本展では、障害のある方たちが制作した魅力ある作品と、文化庁メディア芸術祭の受賞作などから選ばれたマンガ、アニメーション作品や、参加型のメディアアート作品等を展示し、音楽家の大友良英さんらによるサウンドイベントや、監修者によるトークなどのイベントも併せて行います。年齢や障害にかかわらず、様々な人々が気軽に楽しみ、そこから新たな意識につながることを願っています。

前山裕司(本展監修/美術評論家、新潟市美術館館長)
小林桂子、戸田康太(本展協力/独立行政法人日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(メディア芸術))

ウェブサイトより)
会場
国立新美術館 1階展示室1A
(東京都港区六本木7-22-2)
会期
2018年12月5日(水)〜12月9日(日)
入場料
無料
休館日
会期中無休
開館時間
10:00~18:00
※12月7日(金)、8日(土)は 20:00まで
※入場は開館の30分前まで
主催
文化庁
共催
国立新美術館
監修
前山裕司(美術評論家、新潟市美術館館長)
企画協力
小林桂子・戸田康太(独立行政法人日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(メディア芸術))
制作
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
ウェブサイト
https://www.kokokara-ten.jp


アートフラッシュニュース

文字の大きさ