毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回2月1日更新予定)

オススメ展覧会

世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画

2016年12月15日号

twitterでつぶやく

 江戸時代半ばの18世紀後半、秋田藩の若き武士たちによって西洋と東洋の美が結びついた珠玉の絵画が描かれました。「秋田藩士が中心に描いた阿蘭陀風(おらんだふう)の絵画」ゆえに現在「秋田蘭画」と呼ばれており、その中心的な描き手が、小田野直武(おだのなおたけ・1749~1780)です。(中略)
 本展では、小田野直武、佐竹曙山、佐竹義躬ら秋田蘭画の代表的な絵師を特集します。あわせて、直武に学んだとされる司馬江漢(しばこうかん・1747~1818)が描いた江戸の洋風画などもご紹介します。東京で秋田蘭画と銘打つ展覧会は、2000年に板橋区立美術館で開催された「秋田蘭画~憧憬(あこがれ)の阿蘭陀~」展以来、16年ぶりとなります。当館は、「美を結ぶ。美をひらく。」というミュージアムメッセージを活動の柱としてまいりました。江戸時代に洋の東西の美を結び、そしてひらいた直武らによる、日本絵画史上たぐいまれなる秋田蘭画の精華をご覧ください。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00037551.json s 10129513
地域 東京都
会場サントリー美術館 
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
会期2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝)
入場料一般=1300(1100/1200)円
大高生=1000(800/900)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*中学生以下は無料
*障害者とその介護者1名は無料(要提示)
休館日火曜日、年末年始(12/30-1/1)(ただし、1/3は開館)
開館時間10:00~18:00(金曜日・土曜日、12/22、1/8は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 03-3479-8600(ハローダイヤル)
主催サントリー美術館、朝日新聞社
公式サイトhttp://suntory.jp/SMA/

twitterでつぶやく

▲ページの先頭へ

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年01月15日号