2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

オススメ展覧会

旅するイギリス美術

2016年12月15日号

twitterでつぶやく

旅は私たちに新鮮な驚きや豊かな喜びを与えてくれます。文化や習慣を異にする人々に出会うことによって、新しい発想が生まれ、美しい友情に恵まれることもあります。
イギリスの美術もまた旅から多くのものを得、自らを豊かに成熟させてきました。18世紀、ローマをめざしたグランド・ツアーによってヨーロッパの古典美術の影響を受け、19世紀のピクチャレスク・ツアーでは自国の風景美を発見しました。産業革命によって新しい交通手段も登場、旅行は庶民にも手の届くレジャーとなります。旅は遠く極東にも向かい、開国間もない日本にも多くのイギリス人旅行者が訪れました。この展覧会ではターナーやコンスタブルなどの作品によって、旅の中から生まれてきたイギリスの美術を紹介します。また濱田庄司と深い交流を持ったバーナード・リーチや、栃木の自然の中で制作を行ったデイヴィッド・ナッシュとアンディ・ゴールズワージーなど栃木県にゆかりのある作家たちの作品も展示します。
[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00037228.json s 10129544
地域 関東・甲信越
会場栃木県立美術館 
栃木県宇都宮市桜4-2-7
会期2016年10月29日(土)~12月25日(日)
入場料一般=800(700)円
高大生=500(400)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下は無料
休館日月曜日
開館時間9:30~17:00()
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 028-621-3566
主催栃木県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイトhttp://www.art.pref.tochigi.lg.jp/index.html

twitterでつぶやく

▲ページの先頭へ

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ