毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

オススメ展覧会

日本におけるキュビスム ピカソ・インパクト

2017年03月15日号

twitterでつぶやく

 20世紀初頭、様々の革新的な美術運動が登場しました。なかでも1910年代にパリに発生し、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって主導されたキュビスムは後世に大きな影響を与えました。絵画によって現実を再現するのではなく、絵画自体が新しい現実となることをめざしたキュビスムは従来の絵画観を一新する可能性を秘めていたからです。(中略)
 この展覧会はキュビスムが二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てられています。世界的にみてもきわめて異例なこのような状況をピカソとブラックの作品、そしてそれらに触発された日本の作家たちの作品、約150点によって検証いたします。
[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00038496.json s 10131853
地域 四国
会場高知県立美術館 
高知県高知市高須353-2
会期2017年2月12日(日)~3月26日(日)
入場料一般=900(720)円
大学生=600(480)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*高校生以下は無料
*年間観覧券所持者(2,580円)は無料
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料
*観覧料はすべて税込価格
休館日会期中無休
開館時間9:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 088-866-8000
主催高知県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイトhttp://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/

twitterでつぶやく

▲ページの先頭へ

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号