毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

オススメ展覧会

ロシア科学アカデミー図書館所蔵 川原慶賀の植物図譜

2017年04月15日号

twitterでつぶやく

長崎の絵師、川原慶賀 (かわはらけいが、1786-1860?) は江戸時代後期、日本人の立ち入りが厳しく制限されていた出島の出入りを許され、オランダ商館の求めに応じて、日本の様々な文物を描いた膨大な数の絵画を制作していました。
とりわけ、慶賀は出島のオランダ商館の医師として来日したドイツ人の医師・博物学者、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト (1796-1866) と交流を深めました。日本の自然や生活文化、特に植物に対して強い関心を持ったシーボルトの要求に応えて西洋画法を習得した慶賀は、彼に随行し、長崎や江戸参府の途上で、植物の姿かたちを正確にうつした写生図を数多く描きました。シーボルトがヨーロッパに持ち帰った慶賀や他の絵師による植物図譜のうちおよそ1,000点はシーボルトの死後ロシアに渡り、現在ロシア科学アカデミー図書館に収められています。
慶賀の人物像を明らかにする資料は少なく、その多くの部分は謎に包まれています。しかし植物図譜をはじめ、長崎の風景や人々の暮らしを描いた作品は、この画家が鋭い観察眼と、見たものを生き生きとうつしとる高い技量を持っていたことを物語っています。
本展では、ロシア科学アカデミー図書館が所蔵する川原慶賀の植物図譜から125点を紹介するとともに、国内に所蔵されている作品資料を通して、慶賀の眼が何を見つめ、どのようにうつしとっていたのかをたどります。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00039274.json s 10134157
地域 関東・甲信越
会場埼玉県立近代美術館 
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
会期2017年4月8日(土)~5月21日(日)
入場料一般=1,000(800)円
大高生=800(640)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下は無料
*障害者手帳をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料
休館日月曜日(ただし、5/1は開館)
開館時間10:00~17:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 048-824-0111
主催埼玉県立近代美術館
公式サイトhttp://www.pref.spec.ed.jp/momas/

twitterでつぶやく

▲ページの先頭へ

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)