2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

オススメ展覧会

高橋コレクションの宇宙

2017年05月15日号

精神科医・高橋龍太郎氏によって収集された高橋コレクションは、1990年代以降の日本の現代美術を主軸に据えたプライベートコレクションです。きっかけとなったのは、1960年代後半に草間彌生がニューヨークで行っていたベトナム反戦を訴えるパフォーマンス「ハプニング」を知ったことでした。同時代、最前線を全身全力で生きるアーティスト。それから30年後、高橋氏は初めて草間彌生の作品《No. 27》(1997)を手に入れました。以後も、高橋氏の日本の現代美術への興味は留まることなく、さらには日本人コレクターとしての使命感も芽生え、収集は加速していきます。そして、僅か数点だったコレクションは、「ネオテニー・ジャパン──高橋コレクション」(2008-10、霧島アートの森ほか巡回)を皮切りに、日本各地の美術館でも展覧会として開催される規模になりました。
本展では、2017年現在、2500点を超えるコレクションから、36作家、約120点を展示することで、今なお拡がりつづける高橋コレクションをご紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00039492.json s 10135430

熊本市現代美術館

地域 九州・沖縄
会場熊本市現代美術館 
熊本県熊本市中央区上通町2-3
会期2017年4月8日(土)~6月11日(日)
入場料一般=1,000(800)円
シニア=800(600)円
学生(高校生以上)=500(400)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等)、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証、美術館友の会証をご提示の方/各種障害者手帳をお持ちの方の付き添いの方1名は、団体料金
休館日火曜日
開館時間10:00~20:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 096-278-7500
主催熊本市現代美術館(熊本市、公益財団法人熊本市美術文化振興財団)、熊本日日新聞社、熊本朝日放送
公式サイトhttp://www.camk.or.jp/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ