2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

オススメ展覧会

ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

2017年06月15日号

twitterでつぶやく

現在のベルギー・フランドル地方とその周辺地域で中世末期から発達してきた幻想絵画のカテゴリー。ヒエロニムス・ボスが描く悪魔や怪物のような異形のものたちは写実的で、「本物」と感じさせる迫真性に満ちていました。こうした独特な表現の伝統は時代が進むうちにカプリッチョ(奇想画)、象徴主義、シュルレアリスムと形を変え、今日のアーティストたちにも脈々と受け継がれています。
本展では、ベルギーでつくり出された奇想の表現の流れを、15、16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートにいたるまで国内外のコレクションによって紹介します。ヒエロニムス・ボスやブリューゲルにはじまり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家など、およそ500年にわたる「奇想」の系譜をたどります。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00039576.json s 10135438
地域 近畿
会場兵庫県立美術館 
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
会期2017年5月20日(土)~7月9日(日)
入場料一般=1,500(1,300)円
大学生=1,100(900)円
70歳以上=750(650)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*高校生以下は無料
*障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、その介護の方1名は無料。
*割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください。
*県美プレミアム展の観覧には別途観覧券が必要です。(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)
休館日月曜日
開館時間10:00~18:00(ただし、金曜日・土曜日は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 078-262-0901
主催兵庫県立美術館、毎日新聞社、朝日放送、神戸新聞社
公式サイトhttp://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1705/index.html

twitterでつぶやく

▲ページの先頭へ

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ