2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

オススメ展覧会

アーツ前橋×前橋文学館共同企画展 ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所

2017年11月15日号

ヒツクリコ、ガツクリコ
萩原朔太郎は夜の街を詩人が歩いていく様子を「憔悴するひとのあるく路・夕焼けの路(前橋市民に捧ぐる詩)」という未発表作品の中でこのように記しています。人は別の場所へ向かって歩き、誰かと出会い、誰かへ向けて言葉を投げかけます。また、文字にすることで、言葉は時間や場所を越えた他者とも対峙する手段になります。言葉は「私」とその他の生きる者たちとをつなぐものであり、時代や社会の変化と共にそのあり方も役割も変化するものです。(中略)
本展では、文学と美術の表現を「ことば」という切り口からご紹介します。描かれた一つの線が絵や文字となり、そして美術や文学となるように、言葉は常に私たちの生きることのそばに存在しているものです。私たちは「ポスト真実」と呼ばれる危機の時代に直面しています。そのような社会的コンテクストの中で、過去のそして現在の時代の空気を芸術家や詩人たちが、個人の身体感覚を通じてどのように捉え、世界と対峙しているのかをぜひ感じていただきたいと思います。
[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00041385.json s 10139840

アーツ前橋

地域 関東・甲信越
会場アーツ前橋
群馬県前橋市千代田町5-1-16
会期2017年10月20日(金)~2018年1月16日(火)
入場料一般=700円
学生・65歳以上・団体(10名以上)=350円
*高校生以下は無料
*障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料
*その他各種割引制度有
休館日水曜日、年末年始(12/28〜1/4)
開館時間11:00~19:00(ただし、前橋文学館の開館時間は9:00~17:00)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 027-230-1144
主催アーツ前橋、萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館
公式サイトhttp://www.artsmaebashi.jp/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ