2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

オススメ展覧会

装飾は流転する

2018年01月15日号

装飾は人類と共に常に存在してきました。弔いの儀式や呪術的なタトゥーなどに始まり、ときに形骸化しながらも、時代とともにまた新しい意味を伴い変化を繰り返し生き残ってきました。それはまさに生々流転と言えるでしょう。
この展覧会には7組のアーティストたちが登場します。彼らは年齢も国籍もジャンルも多様です。その表現もゴシック装飾を施したダンプカーや、様々な文化圏の模様をリミックスした絨毯、窓のたたずまいからそこに住む人の生活や性格を想像した絵画など多彩なものです。彼らは全く異なる時代や価値観を対峙させたり、実際には存在しない世界を思い描いたり、日常生活の中の「装飾」を読み取ろうとしたりしています。彼らの試みを見る時、私たちは装飾という行為が、生々しい現実を複雑なまま認識するために必要な切り札だということに気がつくのです。Decoration never dies, anyway.[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00042156.json s 10141216

東京都庭園美術館

地域 東京都
会場東京都庭園美術館 
東京都港区白金台5-21-9
会期2017年11月18日(土)~2018年2月25日(日)
入場料一般=1,100(880)円
大学生(専修・各種専門学校含む)=880(700)円
中高生=550(440)円
65歳以上=550(440)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料
休館日第2・第4水曜日(11/22、12/13、1/10、1/24、2/14)、年末年始(12/27-1/4)
開館時間10:00~18:00(ただし、11/23、11/24、11/25は、20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
公式サイトhttp://www.teien-art-museum.ne.jp/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ