2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

オススメ展覧会

荒木経惟 私、写真。

2018年01月15日号

荒木経惟(1940-)は、1960年代半ばの活動の初期から現在まで、都市、人、花、空、静物といった被写体をどれも特別視することなく等しく日常のこととして撮影し、それらのもつ「生」の生々しさ、また「生」と切り離すことのできない「死」を捉えてきました。(中略)
本展では、これまでに撮影された膨大な写真のなかから、腐食したフィルムをプリントする、写真に絵具を塗る、割れたレンズで撮影するなど、何らかの手が加わることによって生と死をより強く意識させたり、両者の境を撹乱させるような作品を中心に展示します。(中略)
さらに、現在の荒木の生を示すものとして、本展のために制作された丸亀市出身の花人、中川幸夫(1918-2012)へのオマージュとしての「花霊園」、友人の遺品であるカメラで撮影した「北乃空」などの新作も出品し、写真と一体となった荒木経惟をご紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00042354.json s 10141710

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

地域 四国
会場丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 
香川県丸亀市浜町80-1
会期2017年12月17日(日)~2018年3月25日(日)
入場料一般=950(760)円
大学生=650(520)円
*( )内は前売り及び20人以上の団体料金
*高校生以下または18才未満・丸亀市内に在住の65才以上・各種障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
休館日12/25〜12/31
開館時間10:00~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 0877-24-7755
主催丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
公式サイトhttp://www.mimoca.org/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ