2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

オススメ展覧会

デンマーク・デザイン

2018年06月15日号

産業革命を経て工業化が進んだヨーロッパの列強国では、19世紀後半になるとその反動から手工業に対する見直しが起こります。一方で、工業化への移行が比較的緩やかだった北欧諸国には、手工業の伝統が依然として残っており、改めてこれに光が当てられることとなります。なかでもデンマークは、家具生産に活路を見いだし、素材の美しさを活かしたシンプルで機能的な名作椅子が次々に誕生しました。高いデザイン性と品質を備えたデンマークの家具や日用品は、世界中で愛されるようになり、北欧の小さな国はやがてデザイン大国と呼ばれるまでになります。
本展は、デンマーク・デザイン博物館の協力のもと、アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン]、ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]、フィン・ユールなどに代表されるミッドセンチュリーの傑作から、それらの精神を受け継ぐ現代の製品までおよそ200点を紹介し、デンマーク・デザインの歴史とその魅力に迫るものです。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00044223.json s 10144926

岐阜県現代陶芸美術館

地域 中部
会場岐阜県現代陶芸美術館
岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
会期2018年4月21日(土)~6月17日(日)
入場料一般=900(800)円
大学生=700 (600)円
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下は無料
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
休館日月曜日(4/30は開館)
開館時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
問い合わせ先tel. 0572-28-3100
主催岐阜県現代陶芸美術館

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ