2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

オススメ展覧会

ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画

2018年08月01日号

ブリジット・ライリー(1931-)は、幾何学的パターンによって画面に動きをもたらす抽象絵画で知られるイギリスの芸術家です。ロンドンのゴールドスミス・カレッジとロイヤル・カレッジ・オブ・アートに学んだライリーは、大学卒業後に教員や商業美術の仕事につきながら制作活動を続けました。...
1960年代に入ると、白と黒のみを用いた完全に抽象的な作品を発表します。これがニューヨーク近代美術館の学芸員の目に留まり、歴史的な展覧会『レスポンシヴ・アイ(応答する眼)』(1965年)で紹介されるや「オプ・アート」の旗手として一躍注目を集めます。...
本展は1960年代の代表的な黒と白の作品、1970年代を中心としたストライプ作品、1990年代の曲線をもちいた作品、そして近年のウォール・ペインティングを含む約30点を紹介し、あらためてライリー作品の魅力に迫る、わが国で38年ぶりとなる展覧会です。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00042732.json s 10144930

DIC川村記念美術館

地域 関東・甲信越
会場DIC川村記念美術館
千葉県佐倉市坂戸631
会期2018年4月14日(土)~8月26日(日)
入場料一般=1,300(1,100/1,000)円
学生・65歳以上=1,100(900/800)円
小中学生・高校生=600(500/400)円
*( )内は20人以上の団体料金/障がい者手帳をお持ちの方(付き添い1名まで同料金)
休館日月曜日(4/30、7/16は開館)、5/1、7/17
開館時間9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 050-5541-8600(ハローダイヤル)
主催DIC株式会社
公式サイトhttp://kawamura-museum.dic.co.jp/

今月のオススメ展覧会

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ