2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

オススメ展覧会

ミュシャ展 運命の女たち

2018年06月15日号

19世紀末から20世紀初頭、ヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーの旗手として知られるアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、現在のチェコ共和国モラヴィア地方イヴァンチツェで生まれました。1887年パリに移ったミュシャは、出世作となった大女優サラ・ベルナールの劇場ポスターをはじめ、数多くの女性像を優美に繊細な表現で描き出し、瞬く間に時代の寵児となります。その作風はミュシャ様式と呼ばれ、アール・ヌーヴォーの代名詞になりました。…
本展は、ミュシャと同郷の医師ズデニェク・チマル博士の親子3代にわたる膨大なコレクションから、リトグラフのポスターや装飾パネル、素描、挿絵原画、油彩画など約150点を厳選。「運命の女たち」というタイトルが示すとおり、初恋に始まり、栄華を極めたパリ時代、そして晩年に至るまで、ミュシャの作品を彩った女性たちに焦点をあて、ミュシャ芸術をご紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00044375.json s 10146477

静岡市美術館

地域 中部
会場静岡市美術館
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F
会期2018年6月2日(土)~7月15日(日)
入場料一般=1,000(800)円
大高生・70歳以上=700(500)円
*( )内は前売り/20人以上の団体料金
*中学生以下無料
*障害者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料
休館日月曜日
開館時間10:00~19:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 054-273-1515
主催静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、静岡朝日テレビ、静岡新聞社、日本経済新聞社
公式サイトhttp://www.shizubi.jp/exhibition/future_180602.php

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ