2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

オススメ展覧会

網膜と記憶のミトロジー

2018年11月15日号

本展の3人の共通点は、「記憶」を題材に制作している点です。ニューヨークでの美しい記憶の対象が破壊されることへの慟哭や、好きな映画の一場面を独自のデペイズマンの手法で描く依田洋一朗。幼少期に滞在したアジアの記憶を、高度な色彩対比と光で美しいトロンプルイユに料理する箱嶋泰美。そして、旅行で訪ねたフィンランドで、網膜に焼き付いた光と記憶をテーマに、「過去を、今、追体験させる」抽象絵画で表現する畑山太志。キャリアもバックグラウンドも違えど、「記憶」をテーマにした3人の画家の壮大な叙事詩的作品をゆっくりとご堪能頂きたいと思います。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00045970.json s 10149018

セゾン現代美術館

地域 関東・甲信越
会場セゾン現代美術館
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ケ沢2140
会期2018年9月8日(土)~11月25日(日)
入場料一般=1,500(1,400)円
大高生=1,000(900)円
中小生=500(400)円
*( )内は20人以上の団体料金
休館日木曜日
開館時間10:00~18:00(11月は17時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 0267-46-2020
主催一般財団法人セゾン現代美術館
公式サイトhttps://www.smma.or.jp

今月のオススメ展覧会

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ