2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

オススメ展覧会

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

2018年12月01日号

幕末維新の激動の時代を駆け抜けた浮世絵の鬼才、月岡芳年(つきおかよしとし)(天保10年(1839)~明治25年(1892))。血みどろな場面を生々しく描いた「無惨絵」によってあまりにも有名なこの絵師は、実際には「無惨」だけでは語りつくせない幅広いフィールドで活躍をした明治前期最大の人気浮世絵師でした。
本展では世界屈指の芳年コレクションである西井正氣(にしいまさき)氏の所蔵品から、芳年の多彩な全貌をご紹介します。これまで高知県立美術館では芳年と同時代に活躍した絵師として、土佐の絵金、河田小龍のほか、江戸・東京で活躍した河鍋暁斎をご紹介してきました。これら絵師たちと気脈を通じながら、その鋭い構成力で時代を体現した芳年作品の魅力をお楽しみください。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00046497.json s 10150487

高知県立美術館

地域 四国
会場高知県立美術館
高知県高知市高須353-2
会期2018年10月28日(日)~2019年1月6日(日)
入場料一般=1,100(880)円
大学生=800(640)円
*( )内は20人以上の団体料金
*高校生以下無料
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料
休館日12/27〜1/1
開館時間9:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 088-866-8000
主催高知県立美術館、KUTVテレビ高知
公式サイトhttps://moak.jp/event/exhibitions/post_14.html

今月のオススメ展覧会

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ