2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

オススメ展覧会

辰野登恵子 オン・ペーパーズ A Retrospective 1969-2012

2018年12月01日号

1950年に長野県岡谷市に生まれ、東京藝術大学に学んだ辰野登恵子は、1970年代にドット(点)やグリッド(格子)、ストライプなどの規則的なパターンを用いて、理知的で抑制された表現の版画を発表し、若くして注目を集めました。ほどなく制作の中心を油彩に移し、豊潤な色彩で有機的な形象を描く独自の抽象表現を追求、2014年に亡くなるまで、自らの絵画を深化させ続けました。
大型の油彩が高く評価された辰野ですが、この展覧会では版画やドローイングなど紙の上の表現に光を当て、辰野の画業を再検証します。...
紙の仕事を傍らに、辰野登恵子の絵画をとらえなおすこと。これまでまとまった展観の機会が限られていた紙の仕事を中心に、油彩30点を含む約220点の作品で40年余りの軌跡を振り返るこの展覧会が、辰野の画業のクロノロジーに新たな視座を与えてくれるはずです。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00046580.json s 10150496

埼玉県立近代美術館

地域 関東・甲信越
会場埼玉県立近代美術館
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
会期2018年11月14日(水)~2019年1月20日(日)
入場料一般=1,100(880)円
大高生=880(710)円
*( ) 内は20人以上の団体料金
*中学生以下、障害者手帳等をご提示の方(付き添いの方1名を含む)は無料
休館日月曜日(12/24、1/14は開館)、年末年始(12/27〜1/4)
開館時間10:00 ~ 17:30 (入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 048-824-0111
主催埼玉県立近代美術館、東京新聞
公式サイトhttp://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=385

今月のオススメ展覧会

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ