2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

オススメ展覧会

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

2018年12月01日号

両大戦間期のフランスに花開いたアール・デコ。この時期に盛んとなった非ヨーロッパ圏の文化・美術との出会いは、アール・デコの美意識と造形に大きな影響を与えました。...
この時代に美術家/デザイナーたちは遠い地のどのような造形に注目したのでしょうか。いち早くその価値に目を向けたのはファッションの分野でした。...ジャポニスム、あるいはより広くアジアへの関心は、あらたにモダニティーへの触媒として、再解釈されました。そこには、建築家で、デザイナーのアイリーン・グレイや装飾美術家ジャン・デュナンらに漆を教えた菅原精造や象牙彫刻家ウジェニー・オキンら日本人美術家の存在もありました。
展覧会では、アフリカやアジアに取材したダイナミックな絵画、彫刻を含め、30年代美術館、装飾美術館、モビリエ・ナショナルなど、フランスの美術館所蔵の国内初公開作品を中心にした約85点を紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00046321.json s 10150504

東京都庭園美術館

地域 東京都
会場東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
会期2018年10月6日(土)~2019年1月14日(月・祝)
入場料一般=1,200(960)円
大学生(専修・各種専門学校含む)=960(760)円
中学生・高校生=600(480)円
65歳以上=600(480)円
*( )内は20人以上の団体料金
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料
休館日第2・第4水曜日(10/10、10/24、11/14、11/28、12/12、12/26、1/9)および年末年始(12/28-1/4)
開館時間10:00〜18:00(11/23、11/24、11/30、12/1、12/7、12/8は、夜間開館20:00まで。入館は閉館の30分前まで。)
問い合わせ先tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイトhttps://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/181006-190114_exotic.html

今月のオススメ展覧会

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ