毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回3月1日更新予定)

フォーカス

「戦後日本住宅伝説──挑発する家・内省する家」トーク・セッション 五十嵐太郎+建畠晢

五十嵐太郎 /建畠晢2014年09月15日号

 twitterでつぶやく

2014年7月5日〜8月31日、埼玉県立近代美術館で開催の「戦後日本住宅伝説──挑­­発する家・内省する家」展をめぐる、五十嵐太郎・建畠晢のトークセッション。
討議される建築家とその作品=丹下健三《住居》、増沢洵《コアのあるH氏の住まい》、­­清家清《私の家》、磯崎新《新宿ホワイトハウス》、菊竹清訓《スカイハウス》、東孝­光­《塔の家》。


トーク・セッション〈1〉




トーク・セッション〈2〉



2014年7月21日(月)、埼玉県立近代美術館


戦後日本住宅伝説──挑発する家・内省する家

会期:2014年7月5日(土)〜8月31日(日)
会場:埼玉県立近代美術館
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1/Tel. 048-824-0111

▲ページの先頭へ

フォーカス /relation/e_00026597.json l 10102642

五十嵐太郎

1967年生まれ。東北大学教授。建築史、建築批評。著書=『終わりの建築/始まりの建築』『新宗教と巨大建築』『戦争と建築』『過防備都市』『現代...

建畠晢

1947年生まれ。京都市立芸術大学学長。埼玉県立近代美術館館長。

2014年09月15日号の
フォーカス

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年02月15日号