世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|オランダ

ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館Museum Boijmans Van Beuningen

オランダ第2の都市ロッテルダムの富の結晶である本館は、質の高い佳作を多数保有しています。19世紀半ばに弁護士ボイマンスが寄付した作品を核とする美術館として1935年に建物が竣工、大戦中のドイツによる空爆からも運よく逃れ、1958年に実業家ファン・ベーニンゲンのコレクションが加わりました。機能的かつ快適な空間のなか、北方ルネサンスから17世紀黄金期のオランダ絵画、近現代の名作を見ることができます。ダリやマグリットをハイライトとした現代絵画や彫刻庭園も必見です。また、有名なフェルメールの贋作《エマオの食事》(ハン・ファン・メーヘレン作)も後世への戒めとして、一般に公開されています。


  


  

主なコレクション

  • フラ・アンジェリコ《聖母子と二天使》(ca. 1420)    

  • フーベルト/ヤン・ファン・エイク《墓場の3人のマリア》(ca. 1425-35)   

  • ヒエロニムス・ボス《聖クリストフォロス》(ca. 1500)   

  • ピーテル・ブリューゲル1世(ca. 1565)   

  • カレル・ファブリティウス《自画像》(ca. 1645)   

  • ハブリエル・メツー《ヴァージナルの前に座る女》(ca. 1662)   

  • レンブラント・ファン・レイン《机の前のティトゥス》(1665)   

  • エドガー・ドガ《14歳の踊り子》(1880-81)   

  • ジョルジュ・ヘンドリック・ブレイトナー《耳飾り》(1893)   

  • サルバドール・ダリ《頭が雲でいっぱいのカップル》(1936)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『ボイマンス・アジェンダ 2015』


  • 「未来のファッションはいま」展カタログ


  •   

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、オランダ
所在地
Museumpark 18-20 3015 CX Rotterdam  
Tel
+31 10-4419-400
Fax
+31 10-4360-500
URL
http://www.boijmans.nl/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2017.05.27-
2017.09.17

「マネからセザンヌへ:コレクションから印象派のドローイング」展
http://www.boijmans.nl/en/7/calendar-exhibitions/calendaritem/2148/manet-to-czanne-impressionist-drawings-from-our-own-collection#DG7ASkdOj318vXPc.97

印象派の画家たちのおかげで、ドローイングは伝統的なトレーニングの手法となりました。また、ドローイングから過去のアーティストの影響が見えることもあります。例えばピカソのドローイングからセザンヌやドガの影響が、そしてスーラを好むリチャード・セラなど。この展覧会では、34点のドローイング作品をご紹介します。

  

「無限の鏡の間 草間彌生」展
http://www.boijmans.nl/en/7/calendar-exhibitions/calendaritem/913/mirror-room-yayoi-kusama

2014年9月から無期限で展示中の草間彌生の作品。合わせ鏡の壁面により、無限に繰り返される反射を見ることができます。水玉模様の舞台はまさに草間ワールド。

山本浩幸。在ブリュッセル。出版人/インスピレーション出版

2017.07.20

ページトップへ