毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回12月15日更新予定)

プレゼント

今月のプレゼント

毎月15日号更新

全国

世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画 図録

会期:
2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝)
主催:
サントリー美術館、朝日新聞社
公式サイト:
http://suntory.jp/SMA/
プレゼント数:
2名様
応募締め切り:
11月25日

サントリー美術館で開催中の「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」展の図録。2016年11月16日発行、B5変形、209頁。

応募する

▲ページの先頭へ

東北

川島清 彫刻の黙示 路傍 淵 水量

会場:
いわき市立美術館 
福島県いわき市平字堂根町4-4
会期:
2016年11月3日(木・祝)~12月11日(日)
休館日:
月曜日
開館時間:
9:30~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0246-25-1111
主催:
いわき市立美術館
公式サイト:
http://www.city.iwaki.lg.jp/artmuseum.html
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

彫刻は、現実の空間と強くかかわる表現です。それゆえ作品が設置される空間 「場」と、作品を場としての空間に形作る「物質」は、彫刻にとって最も重要な問題であると考えられます。川島清の作品は、この彫刻の核心にかかわる問題を鋭く照射し、その圧倒的な存在感により常に高い関心を集めてきました。平成5年に引き続き2度目の個展となる本展では、あらためて彫刻の本質ーその根源的な在り方を問う機会となることが期待されます。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

関東・甲信越

清方と新春の風景

会場:
鎌倉市鏑木清方記念美術館 
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
会期:
2016年12月3日(土)~2017年1月15日(日)
休館日:
月曜日、年末年始(12/29-1/3)、1/10(ただし、1/9は開館)
開館時間:
9:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0467-23-6405
公式サイト:
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/index.html
プレゼント数:
1組2名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

フードスケープ 私たちは食べものでできている

会場:
アーツ前橋 
群馬県前橋市千代田町5-1-16
会期:
2016年10月21日(金)~2017年1月17日(火)
休館日:
水曜日、11/24、年末年始(12/28-1/4)(ただし、11/23は開館)
開館時間:
11:00~19:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 027-230-1144
主催:
アーツ前橋
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

日本におけるキュビスム ピカソ・インパクト

会場:
埼玉県立近代美術館 
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
会期:
2016年11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)
休館日:
月曜日、年末年始(12/26-1/3)(ただし、1/9は開館)
開館時間:
10:00~17:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 048-824-0111
主催:
埼玉県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

 この展覧会はキュビスムが二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てられています。世界的にみてもきわめて異例なこのような状況を、ピカソとブラックの作品、そしてそれらに触発された日本の作家たちの作品、約160点によってふりかえります。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

東京都

マリメッコ展

会場:
Bunkamuraザ・ミュージアム 
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
会期:
2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)
休館日:
1/1
開館時間:
10:00~19:00(毎週金・土曜は21時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:
Bunkamura、フィンランド・デザイン・ミュージアム、朝日新聞社
公式サイト:
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_marimekko/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

日本画の教科書 京都編

会場:
山種美術館 
東京都渋谷区広尾3-12-36
会期:
2016年12月10日(土)~2017年2月5日(日)
休館日:
月曜日、年末年始(12/29-1/2)、1/10(ただし、1/9は開館)
開館時間:
10:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:
山種美術館、朝日新聞社
公式サイト:
http://www.yamatane-museum.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画

会場:
サントリー美術館 
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
会期:
2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝)
休館日:
火曜日、年末年始(12/30-1/1)(ただし、1/3は開館)
開館時間:
10:00~18:00(金曜日・土曜日、12/22、1/8は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-3479-8600(ハローダイヤル)
主催:
サントリー美術館、朝日新聞社
公式サイト:
http://suntory.jp/SMA/
プレゼント数:
10組20名様
応募締め切り:
11月25日

 本展では、小田野直武、佐竹曙山、佐竹義躬ら秋田蘭画の代表的な絵師を特集します。あわせて、直武に学んだとされる司馬江漢(しばこうかん・1747~1818)が描いた江戸の洋風画などもご紹介します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

中部

ありがとう近代美術館・PART2 MOVING! ― ミュージアムが「動く」

会場:
富山県立近代美術館 
富山県富山市西中野町1-16-12
会期:
2016年12月3日(土)~12月28日(水)
休館日:
月曜日
開館時間:
9:30~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 076-421-7111
主催:
富山県立近代美術館、北日本新聞社、富山テレビ放送
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

再発見!ニッポンの立体 生人形からフィギュアまで

会場:
静岡県立美術館 
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
会期:
2016年11月15日(火)~2017年1月9日(月)
休館日:
月曜日、年末年始(12/26-1/1)(ただし、1/2および1/9は開館)
開館時間:
10:00~17:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 054-263-5755
主催:
静岡県立美術館、読売新聞社、静岡第一テレビ、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

近畿

再発見!小寺鳩甫展

会場:
伊丹市立美術館 
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
会期:
2016年11月12日(土)~12月18日(日)
休館日:
月曜日
開館時間:
10:00~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 072-772-7447
主催:
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]
公式サイト:
http://artmuseum-itami.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

野々村仁清とその時代

会場:
香雪美術館 
兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1
会期:
2016年11月3日(木)~12月22日(木)
休館日:
11/28
開館時間:
10:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 078-841-0652
主催:
公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

光の表象 田原桂一 光画展

会場:
何必館・京都現代美術館 
京都府京都市東山区祇園町北側271
会期:
2016年11月4日(金)~12月25日(日)
休館日:
月曜日
開館時間:
10:00~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 075-525-1311
公式サイト:
http://www.kahitsukan.or.jp/index.html
プレゼント数:
1組2名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

動き出す!絵画 ペール北山の夢 ―モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち

会場:
和歌山県立近代美術館 
和歌山県和歌山市吹上1-4-14
会期:
2016年11月19日(土)~2017年1月15日(日)
休館日:
月曜日、年末年始(12/29-1/3)1/10(ただし、1/9は開館)
開館時間:
9:30~17:00(11/19は午前10時より開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 073-436-8690
主催:
和歌山県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www.momaw.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

今回の展覧会では、この北山の活動を手がかりに、大正期の日本を熱狂させた西洋美術と、それに影響を受けながら展開した近代日本の美術を同時に紹介することを試みます。当時の画家たちが、次々と流入する情報から西洋美術の何を学び取り、影響を受けながらもそれをどのように乗りこえ、自らの表現を作り上げるにいたったのか。大正という熱い時代の美術を、改めて検証します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

九州・沖縄

見立ての手法 岡崎和郎 who’s who

会場:
北九州市立美術館 分館 
福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1
会期:
2016年11月19日(土)~2017年1月15日(日)
休館日:
年末年始(12/29-1/1)
開館時間:
10:00~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 093-562-3215
主催:
見立ての手法展実行委員会(北九州市立美術館、読売新聞社)、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://kmma.jp/bunkan/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

開館記念 2016 ふたたび久留米からはじまる。九州洋画

会場:
久留米市美術館 
福岡県久留米市野中町1015
会期:
2016年11月19日(土)~2017年1月22日(日)
休館日:
月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は開館)、年末年始(12/28-1/3)
開館時間:
10:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0942-39-1131
主催:
久留米市美術館
公式サイト:
http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/
応募締め切り:
11月25日

応募する

▲ページの先頭へ

▲ページの先頭へ

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年12月01日号