毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回7月1日更新予定)

プレゼント

今月のプレゼント

毎月15日号更新

北海道

画家の詩、詩人の絵 ―絵は詩のごとく、詩は絵のごとく

会場:
北海道立函館美術館
北海道函館市五稜郭町37-6
会期:
2016年6月18日(土)~8月7日(日)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18は開館)
開館時間:
9:30~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0138-56-6311
主催:
北海道立函館美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-hakmu/home_jp.html
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 ときに絵は詩のように語りかけ、詩は絵のような豊かな色彩とかたちを提示します。事実、多くの画家が詩を書き、詩人が絵を描いてきました。明治から現代までの画家と詩人の詩と絵を一堂にあつめ、ひとつの観点から捉えます。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

関東・甲信越

どうぶつ大集合!―かわいい動物、かっこいい動物

会場:
高崎市タワー美術館 
群馬県高崎市栄町3-23
会期:
2016年7月2日(土)~9月4日(日)
休館日:
月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌日休館)
開館時間:
10:00~18:00(ただし、金曜日は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 027-330-3773
主催:
高崎市タワー美術館
公式サイト:
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014021900025/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展覧会では、子どもたちに人気のパンダや兎などのかわいい動物から、龍や虎のようにかっこいい動物まで、いろいろな生きものの姿をご紹介します。動物園へ行くように、動物だらけの美術館に遊びにいらしてください。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

木村辰彦展

会場:
小山市立車屋美術館 
栃木県小山市乙女3-10-34
会期:
2016年7月2日(土)~9月4日(日)
休館日:
月曜日、第4金曜日、7/19、7/12(ただし7/18は開館)
開館時間:
9:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0285-41-0968
主催:
小山市立車屋美術館
公式サイト:
https://www.city.oyama.tochigi.jp/kyoikuiinkai/kurumayabizyutukan/index.html
プレゼント数:
1組2名様
応募締め切り:
6月25日

 木村の作品は私的に愛蔵されるケースが多く、本展では愛蔵家のご厚意により約50点を一堂にご紹介いたします。近代日本洋画の秀作を鑑賞すると同時に、美術や絵画と寄添う暮らしの幸福感を体験できる機会となるでしょう。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

清方の美しき絵の世界

会場:
鎌倉市鏑木清方記念美術館 
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
会期:
2016年7月8日(金)~8月28日(日)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18は開館)
開館時間:
9:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0467-23-6405
主催:
鎌倉市芸術文化振興財団
公式サイト:
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/index.html
プレゼント数:
1組2名様
応募締め切り:
6月25日

 鏑木清方はよく、身近な人や市井の人々の穏やかな日々の一瞬を作品の題材にしました。
 細やかに描かれた作品や口絵を、日本画を描く手順とともに紹介いたします。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

根岸競馬場開設150周年記念 ハイカラケイバを初めて候

会場:
馬の博物館 
神奈川県横浜市中区根岸台1-3
会期:
2016年6月4日(土)~8月7日(日)
休館日:
月曜日(ただし、7/18は開館)
開館時間:
10:00~16:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 045-662-7581
主催:
公益財団法人馬事文化財団
公式サイト:
http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/
プレゼント数:
2組4名様
応募締め切り:
6月25日

 本展では、"根岸競馬場"の建設から、戦後の連合軍占領を経て、2009年(平成21)に国によって根岸森林公園(旧横濱競馬場及び一等馬見所)を「近代化産業遺産」に指定された歴史・沿革をたどります。また、活躍された人馬をご紹介するとともに、競馬場ゆかりの作家や馬場内のゴルフ場、さらに明治天皇の行幸史・天皇賞のルーツとなった御下賜品競走の概要、根岸競馬場一等馬見所(スタンド)の設計者J. H. モーガンを特集します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

竹岡雄二 台座から空間へ

会場:
埼玉県立近代美術館 
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
会期:
2016年7月9日(土)~9月4日(日)
休館日:
月曜日(ただし、7/18は開館)
開館時間:
10:00~17:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 048-824-0111
主催:
竹岡雄二展実行委員会、埼玉県立近代美術館、公益財団法人遠山記念館
公式サイト:
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
プレゼント数:
10組20名様
応募締め切り:
6月25日

 このたび、埼玉県立近代美術館と遠山記念館は、竹岡雄二の芸術を大規模に紹介する展覧会を同時開催いたします。埼玉県立近代美術館では、約30年間のドイツでの活動を20点あまりの代表作で振り返ります。遠山記念館では、文化財として知られる遠山邸 (1936年竣工) の和風建築を舞台に、6点の作品を展示します。さらに「見せる」という観点から、竹岡が独自のコンセプトで遠山記念館所蔵の伝統的な美術品を選び、埼玉県立近代美術館において展示を行います。
[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

東京都

中島千波とおもちゃシリーズ 画家のひみつ

会場:
渋谷区立松濤美術館 
東京都渋谷区松濤2-14-14
会期:
2016年5月31日(火)~7月10日(日)
休館日:
6/20、6/27、7/4
開館時間:
10:00~18:00(ただし、金曜日は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-3465-9421
主催:
渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www.shoto-museum.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 画壇の最前線にいる日本画家の一人、中島千波(1945~)が生涯描き続けたいと語る「おもちゃシリーズ」。南米やヨーロッパ、アジアなど、自身で集めた世界各地のおもちゃをモチーフに描いたシリーズで、窓を背景に花とともに描かれるおもちゃたちは、なんとも不思議で楽しそうな世界をつくりあげています。本展ではおもちゃシリーズの作品約60点を展示し、モチーフになったおもちゃたちや、制作のために描かれた花のデッサンも同時にご覧いただきます。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

会場:
国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
会期:
2016年7月13日(水)~10月10日(月)
休館日:
火曜日(ただし、8/16は開館)
開館時間:
10:00~18:00(ただし、金曜日、8/6、8/13、8/20は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:
国立新美術館、TBS、朝日新聞社
公式サイト:
http://www.tbs.co.jp/venice2016/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

本展では、選りすぐられた約60点の名画によって、15世紀から17世紀初頭に至るヴェネツィア・ルネサンス絵画の展開を一望します。ジョヴァンニ・ベッリーニからクリヴェッリ、カルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、名だたる巨匠たちの傑作が一挙来日します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

生誕170周年 エミール・ガレ

会場:
サントリー美術館 
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
会期:
2016年6月29日(水)~8月28日(日)
休館日:
火曜日(ただし、8/16は開館)
開館時間:
10:00~18:00(ただし、金・土曜日は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-3479-8600(ハローダイヤル)
主催:
サントリー美術館、朝日新聞社
公式サイト:
http://www.suntory.co.jp/sma/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展は彼の創造性を、その源となった5つの柱から捉え直し、頂点を探る試みです。国内有数を誇るサントリー美術館のガレ・コレクションから選りすぐりのおよそ100件を一堂に会するとともに、国内の未発表作品約20件を公開いたします。またオルセー美術館の特別協力により、日本初出品となるガラス器や、彼の鋭い洞察力と制作過程を示す重要なデッサン類約40件をご覧いただける機会です。詩情豊かな光と影、ガレ・ワールドの醍醐味をお楽しみください。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

特別展「古代ギリシャ 時空を超えた旅 」

会場:
東京国立博物館
東京都台東区上野公園13-9
会期:
2016年6月21日(火)~9月19日(月)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18、8/15、9/19は開館)
開館時間:
9:30~17:00(ただし、土日・祝日は18時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:
東京国立博物館、ギリシャ共和国文化・スポーツ省、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション
公式サイト:
http://www.greece2016-17.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展は、ギリシャ国内40か所以上の国立博物館群から厳選された300件を超える古代ギリシャの貴重な作品を展示する、日本でかつてない規模の試みです。青きエーゲ海の美しい島々からはじまるギリシャ最古のエーゲ海文明やヘレニズム時代など、西洋文化の源である古代ギリシャ文明の黎明から最盛期に至るその壮大な歴史の流れを総合的に紹介します。[公式サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

アルバレス・ブラボ写真展 メキシコ、静かなる光と時

会場:
世田谷美術館 
東京都世田谷区砧公園1-2
会期:
2016年7月2日(土)~8月28日(日)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18は開館)
開館時間:
10:00~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-3415-6011
主催:
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展は作家遺族が運営するアーカイヴより全面的な協力を得て、192点のモノクロプリントと多数の資料を、全4部・9章構成で年代順に展覧します。約70年におよぶアルバレス・ブラボの仕事の魅力を紹介する、国内最大規模の本格的な回顧展です。[広報資料より]

応募する

▲ページの先頭へ

12 Rooms 12 Artists UBSアート・コレクションより

会場:
東京ステーションギャラリー 
東京都千代田区丸の内1-9-1
会期:
2016年7月2日(土)~9月4日(日)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18は開館)
開館時間:
10:00~18:00(ただし、金曜日は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 03-3212-2485
主催:
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、産経新聞社
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展は、歴史ある駅舎を展示室とする東京ステーションギャラリー独自の空間を12の部屋の集合に見立て、その一部屋ごとにUBSアート・コレクションから厳選した12作家を当てはめます。それぞれ30点弱を出品するルシアン・フロイドとエド・ルーシェイを軸に、絵画、写真など約80点を展示します[美術館サイトより]
ルシアン・フロイド《裸の少女の頭部》1999年
© Lucian Freud Archive/Bridgeman Images UBS Art Collection

応募する

▲ページの先頭へ

中部

篠山紀信展 写真力

会場:
福井市美術館(アートラボふくい) 
福井県福井市下馬3-1111
会期:
2016年6月4日(土)~7月10日(日)
休館日:
6/20、6/27、7/4
開館時間:
9:00~17:15
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0776-33-2990
主催:
篠山紀信展実行委員会(福井市美術館、FBC福井放送)、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www2.fbc.jp/kishin/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展は、写真家・篠山紀信(1940 年~)が「写真」そのものに備わっている強力な「写真力」を改めて世に問う展覧会です。ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、山口百恵、宮沢りえから東日本大震災で被災した人々、まで、篠山が50年以上にわたり撮り続けてきたポートレートを厳選し5つのセクションで紹介します。「各時代を象徴する人々のイメージを通して、日本が歩んできた時代を、日本人の自信・すごさを共有したい」。篠山紀信が本展に込めたメッセージをぜひ会場で体感してください。[広報資料より]

応募する

▲ページの先頭へ

西京人―西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。

会場:
金沢21世紀美術館 
石川県金沢市広坂1-2-1
会期:
2016年4月29日(金)~8月28日(日)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18、8/15は開場)
開館時間:
10:00~18:00(ただし、金・土曜日は20時まで開場)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 076-220-2800
主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
公式サイト:
https://www.kanazawa21.jp/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 今回はこれまでの作品の中から、《第3章:ようこそ西京に─西京オリンピック / 西京冬季オリンピック》 《第4章:アイラブ西京─西京国大統領の日常》 《第4 章:アイラブ西京─西京国の学校》と、最新作となる《第5章:西京は西京ではない》などを発表します。また、同世代で同時代を生きる3人が、独立したひとりのアーティストとして発表してきた近作の中から、歴史への対峙や哲学的考察を含むインスタレーション、映像、絵画、パフォーマンスなどの作品も紹介します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

いわき市立美術館名品展 アメリカ美術の力

会場:
碧南市藤井達吉現代美術館
愛知県碧南市音羽町1-1
会期:
2016年6月11日(土)~8月7日(日)
休館日:
月曜日
開館時間:
10:00~18:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 0566-48-6602
主催:
碧南市藤井達吉現代美術館、碧南市、碧南市教育委員会
公式サイト:
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/index.html
プレゼント数:
2組4名様
応募締め切り:
6月25日

 この展覧会はいわき市立美術館の全面的なご協力によって実現しました。1984年に開館したいわき市立美術館は市民の活動が端緒となって建設された美術館です。また公立美術館としては最も早くに第二次世界大戦後の現代美術を収集方針とし、国内外の優れた作品をコレクションしていることで知られています。その稀有なコレクションから、ポップ・アートのアンディ・ウォーホル、ネオ・ダダのジャスパー・ジョーンズをはじめ、アメリカ美術を象徴する35点をご紹介します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

近畿

生誕130年記念 藤田嗣治展 ―東と西を結ぶ絵画―

会場:
兵庫県立美術館 
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
会期:
2016年7月16日(土)~9月22日(木)
休館日:
月曜日、7/19、9/20(ただし、7/18 、9/19は開館)
開館時間:
10:00〜18:00(金、土曜日は20:00まで)
*入場は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 078-262-0901
主催:
兵庫県立美術館、産経新聞社、神戸新聞社、NHK神戸放送局
公式サイト:
http://www.leonard-foujita2016.com/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展は、画家の没後長らく遺族のものに保管され、フランス、ランス市に寄贈された800余点の中から選ばれた作品と、国内外の主要美術館および個人所蔵家からご拝借した作品約120点を展示し、藤田の芸術の新たな解釈と理解を目指します[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

神々の姿 神と仏が織りなす美

会場:
香雪美術館 
兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-12-1
会期:
2016年5月28日(土)~7月24日(日)
休館日:
6/27
開館時間:
10:00~17:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 078-841-0652
主催:
公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社
公式サイト:
http://www.kosetsu-museum.or.jp/exhibition/
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 本展では神々を造形化した神像や曼荼羅、神の威徳と霊験をまとめた縁起、神社の境内を描いた絵画や工芸品、また偉業を成し遂げたことから信仰された人物など、神仏習合に関わる神と仏が織りなす美と歴史を紹介します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

江戸の納涼 奇々怪々 お化け浮世絵展

会場:
パラミタミュージアム 
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
会期:
2016年6月23日(木)~7月31日(日)
開館時間:
9:30~17:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 059-391-1088
主催:
公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
公式サイト:
http://www.paramitamuseum.com/top.html
プレゼント数:
1組2名様
応募締め切り:
6月25日

 本展では、葛飾北斎、歌川広重、豊国、国芳、月岡芳年など時代を代表する浮世絵師たちが描いたお化け作品と、江戸時代後期から明治にかけて描かれた肉筆画を合わせて展示いたします。この機会に様々な絵師たちが繰り広げる奇々怪々な世界をぜひご覧ください。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

中国

原田直次郎展  西洋画は益々奨励すべし

会場:
岡山県立美術館 
岡山県岡山市北区天神町8-48
会期:
2016年5月27日(金)~7月10日(日)
休館日:
月曜日
開館時間:
9:00~17:00(ただし、6/24は20時まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 086-225-4800
主催:
岡山県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイト:
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/index.html
プレゼント数:
5組10名様
応募締め切り:
6月25日

 1909(明治42)年11月28日、原田の畏友・森鴎外の尽力によって一日限定の遺作展が東京美術学校で開催されました。その遺作展以来およそ100年ぶりの回顧展となるこの展覧会では、原田の作品に加え、師や弟子、そして親交のあった画家たちの作品を交えた180点を超える作品と関連資料によって、西洋画の普及に奮闘した原田直次郎の36年の生涯と画業を紹介します。[美術館サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

九州・沖縄

大アマゾン展

会場:
福岡市博物館 
福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1
会期:
2016年6月25日(土)~9月4日(日)
休館日:
月曜日、7/19(ただし、7/18は開館)
開館時間:
9:30~17:30
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ:
tel. 092-845-5011
主催:
福岡市博物館、RKB毎日放送、西日本新聞社
公式サイト:
http://rkb.jp/amazon/
プレゼント数:
1組2名様
応募締め切り:
6月25日

 「ついに、冒険の時が来た。」をキャッチフレーズに、大河アマゾンにまるで冒険に出かけるような雰囲気の中、アマゾン地域が成立する以前にこの地域に生息していた翼竜、魚類、昆虫や植物の化石から、現世の巨大アナコンダやアルマジロ、ミユビナマケモノの剥製、アマゾン固有種であるアマゾンカワイルカの全身骨格、水草やピラニアの生体展示、美しい鳥の羽がついた先住民の頭飾りなど約400点もの貴重な資料を展示します。[公式サイトより]

応募する

▲ページの先頭へ

▲ページの先頭へ

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年06月15日号