2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

一点消失・中村宏

2011年11月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/03~2011/10/22

Gallery-58[東京都]

中村宏の新作展。昨今精力的に取り組んでいる「一点消失」のシリーズを発表した。中央部の一点に消失する遠近法にもとづきながらも、同時に表面をグリッドで仕切ることで奥行き感と平面性をひとつの画面のなかで並立させている。それゆえ、見る者の視線は絵画の奥に引き込まれる絵画の魔術を味わいつつも、その経験自体があくまでも平面上での出来事であることを思い知らされるのである。絵画の再帰性を強く意識させる絵画だが、ほとんどの画面の右下を大きく横切る黒い影が、その再帰性そのものを自己言及しているように思われた。

2011/10/12(水)(福住廉)

▲ページの先頭へ

2011年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ