2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

内在の風景

2011年11月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/09/17~2011/11/27

小山市立車屋美術館[栃木県]

日豪8人によるグループ展。照明の効いた館内のほか、照明のない土蔵や、敷地内に隣接する登録有形文化財の「小川家住宅」の屋内にも作品が展示された。なかでも際立っていたのは、サンフランシスコ・ジャイアンツのホームスタジアムを廃墟として描いた元田久治のリトグラフと、白い壁面に白い砂糖で植物を描いた佐々木愛。いずれも想像的な風景を描いた作品だが、廃墟を克明かつ現実的に描いた版画と、白い支持体に白いメディウムで描いた茫漠とした壁画という点で、それぞれ好対照だった。和洋折衷の様式美を堪能できる小川家の建築もおもしろい。

2011/10/14(金)(福住廉)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00014421.json l 10014138

2011年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ