2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:龍野アートプロジェクト2011「刻の記憶」

2011年11月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/18~2011/11/26

うすくち龍野醤油資料館周辺の醤油蔵、龍野城、聚遠亭(藩主の上屋敷)[兵庫県]

「小京都」とも称されるとおり、タイムマシーンに乗って過去に戻ったかのような古い街並みが眼前に広がる城下町「龍野」(兵庫県たつの市)。童謡「赤とんぼ」の作詞者、三木露風を初め、数々の文化人が輩出した地としても名高い。今回、同地で初めて開催される現代美術展「龍野アートプロジェクト2011『刻の記憶』」は、いわゆるオフ・ミュージアム型の芸術祭で、再生された古い醤油蔵や龍野城(本丸御殿)、聚遠亭(藩主の上屋敷)で美術家によるインスタレーションが行なわれる。近年、地域の活性化を目的とした芸術祭の開催が盛んだが、今回の龍野アートプロジェクトに特徴的なのは、運営スタッフのみならず出品作家もこの地域在住、出身の人々等で構成されている点だ。それだけに、「刻の記憶(トキノキオク)Arts and Memories」という展覧会テーマが大きな意味を持つインスタレーションとなることが期待される。出品作家は、尹熙倉(ユン・ヒチャン)、東影智裕、小谷真輔、佐藤文香、芝田知佳、ルーアン美術学校卒業生(モーガン・アレ、カウータ・ベクレンシ、エミリ・デュセール、レミ・ジャノ、井上いくみ)。11月13日(日)にはプレ・イヴェントとしてルーアン美術学校卒業生による醤油蔵での公開制作がある。会期中はアーティスト・トーク、子どもを対象としたワークショップ、作品ガイドツアーなど多数のイヴェントが行なわれる。詳細は、公式ウェブサイト参照。[橋本啓子]


左上=尹煕倉(ユン・ヒチャン)《何か》2009、陶粉、膠、80×110×4cm
左下=尹煕倉(ユン・ヒチャン)「四角の話」、2011年個展、かみ添え(京都)での展示風景
右=東影智裕《rabbit (s-005)》2011、エポキシ(着彩アクリル絵具)、16×13×19cm

2011/10/31(月)(SYNK)

▲ページの先頭へ

2011年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ